ネットに記事を書く仕事は副業としておススメ?稼げる在宅ワークとは?

ネットに記事を書く在宅ワークとはどんなもの?

ネットを見ると様々な記事が書かれています。その記事を見ると、調べたいことが出ているので役にたつことが沢山ありますよね。

 

そんな役立つ記事を書いている人どんな人なんでしょうか?実はそれこそが在宅ワーカーなのです。今は副業でこのような在宅ライターとして稼いでいる人がとても多くなってきてます。

 

そのネットの記事を書いている仕事をしている人をウエブライターと言うのですが、最近はウエブの中での仕事が増えてきているんです!

 

サイドビジネスでも稼げる方法は何か?!

 

また書くことが好きな人ならだれでも記事に書くことができます。ネットに記事を書く仕事は副業としておススメですし、すごい人では月に100万円以上稼いでいる人もいるんです

 

副業でも可能で、しかも家で好きな時に出来るネットの仕事はとても魅力的ですよ。また昨今はシニア層の記事ライターさんがとっても多いのにはびっくりです。

 

ただし、会社では副業が禁止になっているところもありますのでそのあたりは確認しておいたほうが良いですね。書くことが好きな人は在宅やカフェでまったりどこでもできるウエブライターの仕事が出来ますよ!

 

ネットで記事を書くライターと言う仕事は具体的にどのように仕事を探すのか、報酬はどのくらいなのか気になりませんか?

ネットに記事を書く在宅ワークとは?

ネットの記事を書く在宅ワークを知りたい

 

近年、ネットに記事を書くウエブライターの仕事は増えてきました。ネットに記事を書く仕事とは、多ジャンルにわたって仕事があるので、経験ある分野や得意な分野で自分が書くことができる分野から選んで記事を書くことができます。

ウェブライターの魅力

ウエブライターは、ネット環境とパソコンさえあれば、在宅ワークとして、また旅行先、車の中、喫茶店など、どこでも仕事をすることができます。

 

ライターの仕事は、専門的な資格を持って書いている人だけでなく、多くの知識を持っていてそれで記事を書いている人、ネットを調べながら記事を書いている人など色々な人がいます。

最初は皆初心者だから安心

初心者歓迎と言う案件もたくさんありますし、シニア層にぜひ書いてほしいという需要もたくさんあります。

専門的な知識がない人でも調べることが好きな人なら、いつでも記事を書くことができます。

いくら稼げるの?

ネットで記事を書く副業はいったいいくら稼げるのか一番気になるところですが、こちらを参考にしてくださいね。

たくさん稼ぐ人

  • 1記事の単価が良い
  • 1日の作業量が多い
  • お得意さんがいる
  • 相手の要望以上の良い記事や文字数を書く

でライターさんになると、月にいくら稼げるのか?

案件によりますが、早い人で1記事1000文字30分~40分で書けます。1文字3円だとすると1記事3,000円。

1記事早くて30分~40分。

1日10記事書ける人もいますので、1日3万円になります。でもこれは滅多にいませんし1日10記事は鬼のよう。

ネットで情報収集してオリジナルに丁寧に仕上げると、1記事3時間~5時間くらいかかります。私は1時間半くらいです。

 

平均のライターさんの報酬は、1記事1,500文字以上1日2記事書いて1,000円~3,000円くらいでしょうか。もっと安い場合もありますし高い報酬の方もいます。

それでも副業としてネットで記事を書いて月に3~9万円は大きいですよね!

ネットに記事を書く在宅ワークはどうやって探す?

へぇ、そんな在宅の仕事があるんだ!

と、わかったところでいったいこの仕事はどこで探すのかな?

初めての人はクラウドソーシング会社に登録

 

ネットに記事を書く仕事で収入を得る人は、人によって100万以上の儲けを得ている人もあれば、わずかの収入しかない人もいます。

 

初めて記事を書く人は、クラウドソーシングを行っている会社に登録しておくと仕事はたくさんあります。その中で自分が良く知っている分野のライティングをすることができます。

 

クラウドソーシングとは、不特定多数の人がネットなどでコンテンツ(記事)やアイデア、デザインなどをクライアント(仕事の依頼人)に提供することで報酬を得ることができる仕組みです。

仕事をするためには次のながれになります。

 

1.クラウドソーシングの会社に登録する

2.様々なクライアントの仕事から自分に合った仕事を見つける。

3.仕事に応募する(応募するときは、テスト記事を求められることがあります)

4.クライアントがOKすると、契約に進む

5.記事を書いて納品する

6.報酬が支払われる(会社によっては報酬がポイント制のところもあります)

ラィテイングの仕事のスキル

 

クライアントが求めている記事は、誰に対して記事を書くのか、読者の悩みに答えているかを把握して、読者の知りたいことや悩みが解決できるような記事を書くことですが、これも徐々に慣れていきます。

 

ある程度高い単価を求めるライターさんの場合、構成に沿った内容でネットや本で調べてライティングできるスキルが求められます。

 

ネットで記事を書く在宅ワークは、内容にキーワードと言われる言葉を多く入れることも必要になってきます。

 

ネットで読者に記事を読んでもらうには、記事のスキルが高いだけでなく、検索エンジンやSEOの知識、キーワードの用い方などを知っているとより上位に上がりやすいです。

最初は無理で当然。

これは少しずつでもお金をもらって報酬をもらうためのライティングのスキルを学べると思えばたいへんにありがたいお仕事だと思いますよ!

ネット記事を書く仕事登録サイトのご紹介

 

フリーランスの仕事を紹介している会社はいくつかあります。そのうちの代表的な会社を3社紹介します。

クラウドワークス

 

クラウドソーシングの大手で、安件数が多く、報酬も高くなっています。記事の単価はクライアントによって開きがあり、文字単価0.2円~3円と色々です。

 

会員登録者数100万人突破在宅ワークなら⇒在宅ワークならクラウドワークス

報酬が高い記事を書く場合は、募集のときに今までの書いた記事のURLやテストライティングなどを求められます。

ランサーズ

 

クラウドワークスと並ぶ大手のクラウドソーシングです。仕事をしてほしい人と仕事をしたい人が、お互いに取引をして仕事をします。クラウドワークスと仕事の方法は同じです。

主婦に人気のサイトで、隙間時間を生かしてライティングしたり、じっくり取り組んでライティングしたりする仕事があります。記事作成からレポート、説明文作成、リライト・編集・構成などの仕事があります。

まとめ

 

ネットで記事を書く在宅ワークの仕事をしているウエブライターの仕事が沢山あるため、ウエブライターの数も増えてきていますし、シニア層の需要も最近は多いです。

 

その年齢層だからこその求められるものがあるということなんですよね。

 

その中で、ウエブライターとして仕事をしていくには、最初はクラウドソーシングの会社に登録し、クライアントの募集に応募して記事を書いていると徐々にスキルアップができます。

 

私はこのブログだけでって月に10万円稼ぐぞ!

 

と言う目標がありますが、いきなりで自分で書き始めました。その前に今回お伝えしている副業のようにライティングの仕事から先にやっておけばもっと効率が良かったと思ってます。

下手したら、ブログで収入よりもライターさんのほうが収入が良い人はたくさんいますよ!

ネットで稼ぐのはこんなに魅力的!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です