熟年別居の生活費はいくらもらえる?熟年離婚よりもメリットを考えよう!

 

熟年離婚した女性が相変わらず毎年のようにいます!

勢いで離婚!?

だがちょっと待て!

ここまで来た(50代以降の熟年)のだから、あとは別居か離婚か自分に損のないほうを選んだほうがいのです。

熟年別居と熟年離婚だと、妻がよっぽどの働きがない限り別居の形をとったほうが得です。

熟年離婚はどんだけ大変なのかご存知ですか?

そして熟年別居の生活費をもらってのびのびと暮らす方法を知ってますか?

熟年別居の生活費はいくらもらえる?

<スポンサードリンク>
 

熟年別居でもらえる生活費

もしも別居をしたら、夫から生活費はもらえるのでしょうか?

もらえなかったら我慢して一緒に住むしかないし、離婚だってあきらめなきゃならない。離婚しないで別居をするなら、「婚姻費用」はもらえるんです。

 

平均6~8万円。

旦那さんがたくさんお給料をもらってきたり、自営でいくらでもくれるのであれば決まったことではなくいくらでも請求してもいいんです。

 

夫と離婚しなくとも悠々自適に暮らせるなんて熟年別居は最高です。芸能人なんて、別居中に数10万~100万単位でもらっているそうですよね。

 

旦那さんがたくさん稼ぎがあって別居中にけっこうお金を出してくれる人だったら熟年別居万歳ですね!

熟年離婚は「婚姻費用」の分がないので金銭的に苦しい

離婚してしまったら相続権は失われるので、他人。慰謝料、財産分与が終わったらもう何ももらえないし、あとは「離婚した女」と言う世間の風あったりを受けるだけです。

 

でもそれなりに熟年離婚したい理由はあるなら、別居で我慢するよりも良いのかもしれませんが、なぜここまで離婚しなかったのか?

 

熟年になるまで離婚しないで我慢できたなら、もっと我慢できるんじゃないの?

と言う意見もあれば、やっとここまで来た!この時を待っていた!と言う女性もいるでしょう。

 

別居だったらもらえる「婚姻費用」はもらえなくてもきっと納得しているのでしょうね。

離婚したら生活費はもらえないのを覚悟して、仕事をし節約もしてお金を貯めて熟年離婚にのぞんできた女性は強いです。

 

夫の事なんか、頼りにしてないし精神的はもちろん経済的自立をしているのであれば、熟年離婚成功です。

それ相応の離婚理由だからこその離婚への信念も違いますね。

熟年離婚理由したいランキングに入ってますか?

熟年離婚したい女性の少数は離婚に少々あこがれをもってます。一緒の空気を吸うだけでもいや、別れて一人で暮らせるなんてさぞかし幸せだろうなってね。

 

家に二人でいても、会話はないし、自分が病気になってもいたわりの言葉をかけてくれるわけではない。風呂、めし、寝るの3つだけでこの先長い老後を一緒に暮らすなんてもういや!

 

第一、何かあっても守ってくれなさそうだし。

今だって何も手伝ってくれない。

こんな夫といるなんてもうやめたい!

この人と一緒だと老後の幸せを見いだせない!

まだ一人でいるほうが将来の幸せに向かってチャレンジしたくなる。

 

今あげた理由で熟年離婚をしたい女性は少し離婚を待って、できれば別居のほうをおすすめしたい!熟年離婚後悔している女性は実際にいますので。

離婚ランキングトップ3

暴力・暴言

夫が熟年になっても丸くなるどころか、今はやりの切れる老人になるのが見え見え。

そんな暴言暴力夫。

あぁ、熟年になる前に離婚したらよかったのに。

浮気・不倫

人間年とっても女好きな男性っているんです。

と言うか、昔からきっと女好きは変わらない。

妻にわからないようにすれば良かったのに?

許しがたい理由ですよね。

お金

夫のお金にいつも泣いている妻もいますよね。

内緒で借金。

趣味にたくさんお金をつぎ込んだ!

賭け事。

飲み代。

女性にお金を使ってる。

離婚のランキングに入っていない理由もそりゃたくさんあります。でも離婚に値する大きな原因となるのはこの3つになりますね。

 

この3つの理由に入っていなかったら、別居と言う選択肢もおすすめします。

<スポンサードリンク>

熟年別居のメリット

別になんてことないのですが、夫のことが大嫌いで別居するのに結婚指輪を外さない!

これはある意味自分を守っています。

「結婚」と言うステータスなんです。

自分は結婚しているというのと、独身と言うのでは今の時代であっても風潮は違うんです。やっぱり旦那さんがいるかいないかで世間は人を判断するんですよね。

 

だから形は妻であっても内情は別居。

離婚してしまうと、完全にバツイチの女性で風当たりは違いますよ~。やっぱり法律で守られてるって強いんです。そんな離婚しない状態で別居が出来るならいうことないですね。

 

もちろん「婚姻費用」は毎月いただきます。平均6~8万円と言うのは、生活を二つにしますししょうがない金額ですね。

 

離婚の場合はもちろんなしです。ただ年金をもらう年齢になると、年金分割が出てきます。

それまでは別居のほうが楽です。ただし、働く必要はありますね。

 

別居後に住む家はどうするの?

 

アパートかワンルームマンションを借りるにしてもちょうど「婚姻費用」分くらいが出ていきます。今まで働いていたのなら、そのまま継続すれば生活は出来そうですね。

 

なにより、夫の顔を見ないで別々に生活ができて家賃分位をもらって清々しく熟年時代を暮らすのもひとつの方法ですね。

 

浮気等が原因での熟年離婚の相談も弁護士が相談に載ってくれます。

より多くのお金を得るためにも交渉は大事です。

テレビでもおなじみ!詳しくはこち⇒ 原一探偵事務所

<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です