50歳からやるべきこと、想定外の突然のアクシデントに備えて!

50歳からやるべきことは、まずはお金の管理です。60歳になったら、働いて貯めるということが普通に難しくなります。また、50歳糖微妙な年齢はいつなんどき病気にかかるかわかりません。

 

女性特有の病気にかかって、仕事をこの先やいぇるかどうかの決断をしなくてはならなかったり。親のこともあります。50歳になたったら、身の回りの断捨離をして振り返りながらお金の把握もそろそろしておきましょう。

50代はお金を貯めることが最後のチャンス

<スポンサードリンク>
50歳でお金が一銭も貯まってないという女性もかなりいますが、もうすでに1000万円、2000万円、またはそれ以上と貯めている人もいますね。独身女性であれば、なお更お金は固まった金額が欲しいところです。

 

貯めてあった1000万円を切ったらすぐに滝のように崩れなくなって来ます。60代になったら、働ける人もだいぶ少なくなります。一度定年になる人。そのまま65歳まで勤めることが出来る人。

 

もう、60歳まで仕事をしたのだから、休みたい、追う仕事をしたくないと思う人など等。年金は60歳になってももらえませんから、働いてなければ消費のみ。

 

ですから、消費のみの60代になるまでの50代のうちはお金を貯めておかなくてはならないのです。40代は、まだ良いかもしれませんが、50代は働いてお金を貯める最後のチャンスです。

50代を襲う想定外の突然のアクシデントとは?

まさかのアクシデントもいつ何時やってくるかわかりません。その時に慌てないのが、お金です。お金おなければ、精神的なパニックも同時にやってきてはうつ病になってしまいます。

 

まさかのアクシデントは以下のもののほかにもあります。

  • 自分または親の病気
  • 親の介護
  • 勤務先の倒産
  • 離婚
  • 株で損を出した
  • 将来の約束していたパートナーとの別れ
  • 騙されてお金が無くなった
  • 副業に手を出し、準備費用として大金を使ってしまった

50歳からやるべきことはお金の管理と10年後のシュミレーション

<スポンサードリンク>
今から60歳になるまでどのくらい貯まるか、10年後60歳になった時のシュミレーションをしてください。毎月いくら貯金をしたら、60歳までにどのくらい貯まるか?

病気をしても、何とかなるにはどのくらい貯めたらいいか目標を立てる

  • 買い物をワンシーズンに買いすぎてはいないか?
  • 家を買う次に高い買い物だと言われている、保険は無駄に払ってないか?
  • 光熱費の無駄はないか?

時間があるなら、リスクの全くない副業をする事を考えてみて、月に3万円別貯金するとか。

 

地肌を綺麗にするには湯シャンが良いと言われています。たまにするシャンプートリートメントは極上のものを

➡50代女性が薄毛改善すれば10歳若く見られる!アラフィフ美人は顔より髪

 

これは人によりますので、1週間くらいは試してみないとメリットデメリットの感じ方も異なります。湯シャンだけでメリットしかない場合は、シャンプートリートメントも浮いて、その分節約お金も貯まりますね。

まとめ

60歳になった時点で、1000万円以下だったら、少々心配です。

今から工夫して節約&お金の貯め方の工夫をすれば10年あれば、50歳から1000万円貯めることも可能でしょう。

そのためには、生活のプランをプロの人に相談することは最も近道です。

50代女性一人暮らしで老後貯金なしの場合はどうやって生活したら良いの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です