50代60代以降、老後ひとり暮らしの孤独に耐えられないときは?

おひとり様の孤独って、老後になるほど深刻です。

50代60代になると、特に夜などひとり暮らしは孤独で耐えられないときがあります。

 

なぜ、今おひとり様?

ずっと結婚しなかったからばかりではないんですよね。

50代後半、60代にもなると夫婦二人暮らしで子供も独立。

 

同居してなければ、夫が亡くなれば突然一人暮らしになります。

仕事をしている現役時代だってひとりの夜は寂しい。

一人暮らしで孤独感で耐えられなくなった時は?

<スポンサーリンク>
おひとり様は、定年を過ぎたら一日中ひとりぼっち。

そんな孤独感に耐える秘策があったらと、私もいつも模索をしています。

 

50代60代の独身おひとり様一人暮らしは、とっても孤独。

運よく子供や孫と同居で来たら、日中暇であろうが全然孤独感なんて感じないんですが。

 

一人ぼっちの独身女性の老後の孤独はどうやって解消できるのでしょうか?

夫婦二人でいる人たちは孤独感がなくて幸せそうだと思う時があります。

 

それでも、旦那様が急に病気になり突然急死だって良くある話です。

いきなり未亡人。

 

そうなると、ずっとおひとり様でいる女性と同じ同じ感覚の孤独感を味わいます。

 

そんな時はネットで同じような環境の人がいるかどうか、探してみます。

そうすると同じくおひとり様で寂しく、孤独な思いをしている人の悩みがこんなにたくさん!!

 

と、安心するのです。

私だけじゃないんだなぁ。

 

おひとり様軍団作りたいよねって思っちゃうくらい。

小人数は集まっているんですが。

 

あとは、近所で習い事。

お金が無かったら図書館で人間観察&読書

 

少々?のバイト。

働くのも年金次第ですが。

未亡人ってお気楽?

ひとりって、お気楽?

ご主人を亡くしても2種類の気持ちに分かれるそうです。

 

ご飯は自分の分だけだからいつ何を食べたっていいし、出かけた時に早く帰って夕飯の支度をしなくちゃと思わなくていいから一人のほうがいいわ。

 

再婚なんてごめんだわ。

 

また、ご主人の病気の介護を長年やっていて大変な時期を乗り越え看取った時に、正直ほっとしたという女性も少なくありません。

 

そんな女性たちはご主人を亡くして生き生きしています。

 

経済的にも妻のために困らないよう準備をしてくれていたのなら余計に、ご主人に感謝し老後のおひとり様人生を楽しもうといった気持ちになるようです。

 

方や、私のように夫が亡くなって15年。

愛犬も亡くなり、子供たちは結婚独立をして家を出てった!

 

60歳になり、ひとりぼっちになったおひとり様。

 

こんな私のような途中からおひとり様は、最初から独身でおひとり様でいる女性よりも、孤独感が強いそうです。

ヤフー知恵袋などみると、私のような女性が本当に多いです。

 

50代、60代の独身おひとり様の女性の老後は孤独で寂しい。

どうやったらこんな孤独感から抜け出すことが出来るの?

 

そんな質問がたくさんあります。

 

私の場合は、ペットロスも同時にやってきましたし。

初老うつもやってきました。

そして、老親の介護の心配。

自分の老後の健康の心配。

伴侶がいないから、相談する相手、病院に一緒に行ってくれる相手もいません。

 

それが寂しいです。

 

明るいポジティブな一人暮らしの女性は何とも感じないかもしれません。

個人差があるのでしょうね。

孤独感を埋めるには誰かと一緒にいることが一番

<スポンサーリンク>
きっと誰かと一緒に住んでいたら、こんな孤独感を感じないで生きることが出来るのにと思います。

でも今更再婚して、相手のご飯を作ってなんて面倒だと思ってしまうし。

 

遺族年金もうちきりになってしまうので、未亡人の再婚は慎重にしないといけないのです。

 

同居だけでも生計が一緒だとみなされれば、養ってもらていると仮定され遺族年金はもらえなくなることもあります。

 

子供たちと同居してけば良かったと今更ながらに思います。

 

好きなところ住んじゃえば~

 

私には、愛犬がいたので全く寂しくなかったのです。

同じ屋根の下に住んでいたら・・・

 

でもしょうがないですね。

 

子供たちは遠いところに住んでますとか、会うのは正月だけとか、遠いので子供たちや孫と会ってませんとか、そんな人たちも少なくありません。

夫婦二人いてもいつかおひとり様になってしまう覚悟は必要

<スポンサーリンク>
もちろん一生涯独身の女性は子供も孫もいない。

親戚付き合いもとくになく、兄弟姉妹もいない。

天涯孤独の一人様もいます。

 

そんなおひとり様の孤独の悩みがネット上には数多く載っています。

 

と、いうことは孤独で寂しいのは自分だけじゃないと思うと少し気分も楽になります。

 

生まれる時も、死ぬ時も皆ひとり。

そう書いてあるのを読みましたが、死ぬまでずっと孤独は嫌ですよね。

 

私の友人は社交ダンスが趣味で週に4~5回踊りに行ってます。

皆60代後半から70代半ば。

 

踊った後はみんなでファミレスでおしゃべりが楽しみなの。

と話してました。

 

その方は2年前にご主人を亡くしましたが、娘夫婦と孫と同居なので寂しさを感じたことはないそうです。

また、老後の心配などもしたことはないそうです。

 

ファミレスで話す内容は、ダンスのことのみ。

どうやったら、あそこのターンがうまく踊れるかしら。

 

そんな会話だそうです。

私や他のアラフィフ、アラ還の友人とは老後の心配ばかりしているというのに。

 

私たちは、老人ホームに入るお金貯まるかしらなんて話をしているのです。

先ほどの人たちよりも一回り以上年下だというのに。

 

やはり、家族がいて守られている人は孤独感がないですね。

また一人暮らしでもしっかりしている人は全然大丈夫なのかもしれません。

 

でも一人暮らしの場合は、お金を貯めておかなければならないことをいつも考えるようにしています。

家族が家でお世話してくれるという人がいない場合は、お金の準備はできるだけしておいたほうが良いですね。

おひとり様は保険よりも貯金

不必要な保険は入ってませんか?

先日保険屋さんがふいに気て、妹が掛け捨ての月1万超の医療保険に入らされました。

 

何で私に相談してくれなかったの?

と話しました。

 

医療保険はいらないと言われている時代なのに・・・

1万円を20年間貯金したらいくらになると思う?

 

240万円、今から30年来たら360万円どぶに捨てることになるんだよ。

だったら貯金してたほうがいいでしょ。

 

入院したって、何百万もかかるわけないじゃない。

騙されちゃったね。

解約しなきゃダメだね。

 

ファイナンシャルプランナーに保険のことは相談するのが一番良いです。

 

保険以外の老後の介護状態になった時の相談などしてくれますので、無駄な保険に入ってるなと思ったら無料ですので、相談してみて早めに安心したほうが良いですね。

 

お金の心配が減ると、孤独感も少し減りますよ。

年金や無駄な保険、見直しタダで相談!!

➡老後の準備は万全?【保険見直しラボ】-無料相談-

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です