一生独身の女性は寂しいだけじゃない!老後の末路の悲惨はどうなっていく?

一生独身は寂しいですよね。

でもいい加減にこの日と奈多と言うパートナーの存在が現れてこないと諦めます。

 

諦めるか、まだ探し続けるか、どっちが良いでしょうか?

と、婚活疲れの30代後半の女性にアドバイスを求められました。

 

実は私「婚活コンサル」をしています。

結婚したい意志があるのなら、立ちどまちゃだめ。

 

そう答えました。

しかもまだ40歳前でしたしね。

そのまま一生独身だったら、老後は悲惨になるかもしれません。

 

おいてきっと寂しさが募る時が来るでしょう。

一生独身の老後の末路はどうなる?

<スポンサーリンク>
実際に独身の男女は今珍しくありません。

 

寂しい人、全く寂しさなんて感じない人。

 

様々です。

 

それはお金があるかどうかで違ってきています。

結婚し、子供がいて孫がいれば賑やかな家庭に恵まれるとも限りません。

 

どこか地方に嫁ぐこともあります。

せっかく子供を産んでも、あまり子供との交流はないのと言うご婦人もいます。

 

それでも子供がいるということの事実があるだけで、不安感が違うんですよね。

離れているけど、いざとなったら子供は駆けつけてくるからと話してます。

 

もしも子供を産まなかった!

 

結婚してなかった!

 

もちろん伴侶もいなかった場合。

 

 

もしもけがや病気をした場合、赤の他人のお世話になることを想定することになりかねません。

病室にも、お見舞いに来る家族が多いか少ないかで、看護師の態度が違うと知り合いの人が言ってました。

 

やはり一人は寂しいし、辛いです。

一生独身を受け入れる

<スポンサーリンク>
どうあがいても、も自分に合ったパートナーが見つかりそうもない場合、一生独身絵いることを受け入れること!

 

それしかないですね。

観念するしかないです。

 

途中まで家族がいても、やがておひとり様になる女性だって少なくありません。

 

私もそうです。

 

一生独身は嫌だ!と思うなら

<スポンサーリンク>
私は、パートナー探しはあきらめていません。

 

あきらめたら、老後は節約の毎日で死ぬまで働く生活、たった一人の夜。

いつかこの生活から脱却することが出来たら!

 

そう思っています。

 

それが無理だと思う頃は、女性は70歳近く。

 

男性もそうですね。

意外とたくさんの60代後半位の男女で、パートナーを求めて結婚相談所に登録していたり、婚活パーティに出席しています。

 

お互い独身の老後の悲惨は考えたくないから。

 

数打てば当たるではありませんが、色んな出会いの場所にとにかく出て歩かなければパートナーとなる相手に巡り合うことも出来ません。

 

お茶のみ友達でもなんでもいいのです。

 

異性の友人を作るということは年齢を重ねても必要なことです。

 熟年のお茶飲み友達だって探せる!

パートナー選びもここなら安心!
➡【茜会】40歳以上、中高年・シニアの婚活・結婚パーティ多数開催!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください