年金10万円で暮らせるか?不安な60代独身の老後は?

年金手帳

年金10万円で暮らせるか?

というヤフーニュースの相談が載ってました。

 

現実私の友人は未亡人で、9万円でカルチャーに通い貯蓄もしています。

遺族年金9万円で余裕で暮らしている友人

ただし、家があります。

 

こちらの60代の独身の方の相談も年金は10万円しか出ないが、家があるということです。

また今の資産がどのくらいあるかで何歳位まで暮らせるかが、病気になったら?

それらを測りにかけていかなければなりません。

 

貯金がゼロか?

 

貯蓄が500万円前後なのか、1000万円以上あるのかによって月10万円の年金額で安心して暮らしていけるかどうかは違います。

はたしてファイナンシャルプランナーの出した答えは?

老後は年金10万円で暮らせるか?

<スポンサーリンク>
生活するだけなら、私だって10万円あったらお釣りが来ます。

3万円くらいは貯金したいし、出来ると思います。

使い方次第ですね。

 

老後10万円しか年金がもらえない予定のこちらの相談者は、生活が出来るか不安でしょうがないそうです!

私は楽勝で10万円で生活しちゃう!

はっきり言って、この方も楽勝!

年金手帳

ファイナンシャルプランナーも楽勝だと言ってました。

ただですね、この方には家があるのです。

 

固定資産税がかかりますが、家賃があったりローンをまだ抱えている人に比べたらかなりラッキーです。

家を借りているとなったら、一生家賃を払い続けなくてはなりません。

いくら安いアパートでも5万円くらいはするでしょう。

 

それに比べて家があると言うことは、支出の面でもかなり年に換算すると貯金するにしても金額の差が出ます。

まとめると、家賃が無ければ月に10万円の年金でも独身で生活は出来るということですね!

年金10万円で、支出も10万円なら生活は可能?

<スポンサーリンク>
この方は独身で月の年金もらえる見込み額は10万円です。

そして、支出にかかるのは光熱費、食費、趣味、雑費、保険、固定資産税、通信費など等。

これがまた年金の10万円(収入と支出)とほぼ同額なんです。

 

そうなると、毎月この調子だと何事も起こらなければ10万円で貯金はできないけど暮らして行けますね。

何か起こったら?

 

私の知り合いは、定年まで一生懸命はたらき、お金をたくさん貯めてきました。

定年過ぎたらいろんなところに旅行に行こうとせっせと貯めていたのです。

その矢先に脳梗塞になり、半身不随の車いす生活。

 

そして、今まで貯めていたお金は医療費にかなり使ってしまったということです。

 

同じように、脳梗塞になった方がいますがその方はバイトをやったりやらなかったり。

もちろんまとまったお金なんか貯まっていませんでした。

 

でも、何もないからこそ生活保護で医療費はタダ。

そしてまだ若いのですが、老人ホームにタダで入居しているのです。

 

ちょっと不公平・・・一生懸命働いて貯めてきたお金が医療費にきえてしまうなんて!

 

方や、働いたり働かなかったりでも全くお金を払わず老人ホームに入ることが出来ている。

 

今回のように、もしも病気になったらまとまったお金が必要となってきてしまうことを頭に入れておかなければなりません。

 

まして、家があるとなると生活保護は受けれません。

病気や、不慮の事故がなければ10万円の年金で十分暮らせるのではと言う判断ですね。

老後資金はどのくらいあれば安心?

<スポンサーリンク>
この方のように家があって年金が付きに10万円あるのでしたら、病気やけがなど不慮の事故がない限り暮らしていけるとわかりました。

 

でも、家にかかるリフォームも今後かかるかもしれません。

年齢を重ねるに連れて、人間ドッグなど精密な検査を受けることも今までよりはやっておく必要性も出てくるかもしれません。

 

そうなると、MRI一つにしても血液検査も併用したりすると診察台込みこみで1万円はかかります。

年齢を追うにしたがって月の10万円で足りない時も出てくるのです。

 

そのために、まとまったお金があるかないかで安心感は違ってきますね。

老後2000万円問題ではありませんが、たまたまこの方は2000万円の老後資金を貯めているということです。

 

独身で子供もいないとなると、普通に2000万円はどう見てもたまるはず。

子供が一人いるだけで2000万円くらいはかかるのですから。

 

しっかりと2000万円の老後資金も貯まっているとのことですので、いざとなった場合でも安心できる金額ですね。

ところで、私は医療保険に高度医療2000万円の特約付きの新しい保険に切り替えました。

 

もしもの時、高度医療治療を受けたほうが良いと言われたら?

そこで数百万円~1000万円単位で病気にお金が吹っ飛んでいってしまうこともあり得ます。

癌保険にも入りました。

 

「癌です」

と告知されたら降りる保険です。

 

入院したら1日いくらという保険は、入院しないと出ません。

そうではなく、告知された時点で100万円単位で降りるのです。

癌保険は老後の資金を減らさないためにも、年に2万3千円ですが掛け捨てで払っています。

まとめ

<スポンサーリンク>
月に10万円の年金で生活できる条件

  • 家があること
  • ある程度の老後資金が貯まっていること
  • この3つがそろっていれば独身でも経済面では安心と言うことがわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください