60代一人暮らし大切にしたいこととは、この3つだけ!

60代一人暮らし。

未亡人になり、子供たちも結婚しそれぞれ自分たちの世界を持ってます。

完全一人暮らし。

 

そう遠くない、一人暮らしの老後。

60代になって一人暮らし大切にしていきたいことは、「50代一人暮らし女性」としての時代には全く考えていなかったことです。

それは、孤独からの解放!

これは一番大切。

60代一人暮らし大切にしたいことは、孤独にならないこと

<スポンサーリンク>
老後ではなくても、孤独はあります。

それは話し相手、友人、身内などが極端に少ない場合。

 

30代、40代でもそのような孤独な人はいます。

でも引きこもりで無い場合は、仕事もあるでしょう。

60代、仕事も定年を迎えた場合や環境が変わった場合はいきなり孤独になることがあります。

 

 

そんな時、社会とのつながりもない友人関係も作ってこなかったなどの環境で60代を迎えると、寂しさが沸々とわいてきます。

 

孤独で免疫が下がり、既婚者よりも寿命が短いとさえ言われています。

もはや、肉体的な健康よりも精神的な健康のほうが寿命の長さが関係してくると言ってもまんざら嘘ではないのです。

 

孤独からの解放を60代からは真剣に考える必要が、生きるためには必要なのです。

孤独にならない方法は、待っててもやってこない

<スポンサーリンク>
引きこもりは、楽です。

テレビを見て、人との会話もしないで自由に過ごせばよいのですから。

そこで、生活費さえ入って来ればこんな良いことはありません。

 

でも、社会とのつながりがないともしもの時恐ろしいことがやってくるかもしれないのです。

➡おひとり様の老後におススメの趣味は?引きこもりにならないための対策とは?

 

誰も自分の存在を知らない。

 

あの人、見かけないけど家に行って様子を見てこようかしら!

電話しようかしら。

 

誰とも付き合いをしていなければ、そんなことさえありません。

そんなことが理由で、一か月以上誰にも知らずに孤独死を迎えるということが今の時代は無くなりません。

また、普段から話し相手がいるだけで孤独からの脱却はできます。

 

これは絶対に60代以上、特に仕事を退いた方は必要ですね。

  • 近所との付き合い
  • 趣味を見つける
  • SNSでも今は友達が出来る
  • 行政からの機関誌を見て、社会とのつながりを持てるものに参加する

そのほか、50代と違うことが急に現実に見えてくるのです。

60代以降は、健康のためにお金も使う時期

<スポンサーリンク>
60代は、出来ればもうお金は消費をする年齢です。

働いてたとしても、今からは中々お金は貯められません。

60代になるまで一生懸命その時のためにお金を貯めておくのが理想。

 

でも、中々それが難しい場合は、収支のバランスを考えながら楽しみと健康のために少々のお金を消費するのも必要です。

心のバランスを安定させるためには、働いてお金を貯めるだけでは不健康です。

趣味でも、お金になる趣味を探すことも可能です。

 

また、嫌いではないことを有償ボランティアのような形ですれば社会とのつながりもできてお金も入ってきます。

50代、60代の趣味はいろいろあれどお金になる趣味を見つけられるとやる気も出ますね。

60代以降のひとり暮らし出大切なことをまとめます。

 

  • 孤独にならないこと。
  • 健康を維持すること。
  • 適度に自分の楽しみのためにお金を使うこと。

それが心の健康につながり、免疫を高め体調にも関係してきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください