米津玄師レモンカラオケを歌う83歳のご婦人から若さをもらった!

うちの父親の腸の内視鏡の検査付き添った時のこと。

 

そこには二組の同じ検査の患者がいました。

一組は旦那様だけど、70歳で軽い認知症が入っているとかで奥様が付き添い。

 

もう一人の方が、なんと私の母と同じ昭和10年生まれの83歳。

 

その女性はこの病院は近いしもちろん一人で来たわよと言ってました。

 

なんと、今は待っているのが「米津玄師レモンカラオケ」が歌えるように、何度も1日に聞いているのだそうです。

米津玄師レモンは83歳の女性の心に響く

<スポンサーリンク>
私は米津玄師さんの名前くらいはしていてもレモンと言う曲さえ知りませんでした。

 

調べてみたら、人の死に対しての嘆き。

 

一言では言い表せません。

 

身内の死を経験した人には、その気持ちが良く分かるからこそ書いた詩かもしれません。

夢だったらどれほどよかったでしょう・・・

 

私はペットが亡くなった時でさえいつまでもそう感じました。

83歳のその女性は米津玄師のレモンと言う曲は素晴らしいと絶賛してました。

 

ご主人の数年間看病。

闘病も長くかかったお金も1000万円かかったでしょうとのこと。

 

あの時は無我夢中で看病していたけど、いざ亡くなってみると「身内の死」はこれほどまでに辛いものだと感じたのでしょうね。

 

そこで、米津玄師のレモンと言う曲と詩がぴったりとはまったのです。

 

米津玄師チケットとれない?横浜アリーナは外れたけど幕張メッセには行ってきた83歳の女性

どこまで米津玄師にほれ込んだのか?

と言うほど聞けば聞くほどびっくりします。

 

コンサートに行くには、たくさんのCDを買わなくちゃダメとか?

もしも聞き違いじゃなかったら、50枚らいCD買ったのはまんざら嘘ではないかもです。

 

節約するところは節約!

 

でも、私の命は限りがあるの。

もう10年今のように飛んではねて出かけれれないでしょ?

 

そうか!?

節約も、きっとりしながら使うところは使っているんだなと感じました。

 

83歳で幕張メッセに米津玄師のコンサートに行くということが素晴らしいです。

うちの母は、地元の駅までも歩いてはいけません。

 

27歳の米津玄師のコンサートに行くという気持ちと行動力が若さにつながると思いました。

 

果たして私が83歳になった時、このご婦人のように元気でいられるかどうか。

米津玄師をスマホで撮りまくりの83歳の女性

<スポンサーリンク>
病院でしたので歌声こそは出しませんでしたが、幕張メッセに行った時のスマホで写した画像をたくさん私に見せてくれました。

 

この時の歌っている時の赤いジャンパーが20万円するの!

とか、とても楽しそうでした。

 

あぁ、83歳にしてスマホを駆使してるんだ!

またまた私はびっくりです。

 

いくつになってもアイドルとまで行かなくても、自分でほれ込むような存在の人を芸能人の中で見つけると生きがいにもなります。

若くいるには化粧、服装だけではない

 

たまたま父親の腸の内視鏡のときに知り合った83歳の女性の日常を知ったのですが、

これだけでも私は元気をもらいました。

 

前向きの人に会うということは自分を変えます。

 

化粧、洋服、これも若くいられる要素の一つです。

でも、今回は「人」で気持ちは変われるんだなと実感しました。

米津玄師の曲を聞くたび、気持ちも見かけも若くなる女性の特徴

<スポンサーリンク>
今回の83歳の女性は米津玄師の曲は大好き過ぎて、家にもポスターも貼っているそうです。

何しろ、詩が良い!

 

とのこと。

 

27歳の作った詩が83歳の女性の心をつかむなんて相当なことです。

そしてその女性には、コンサートに行く楽しみが今後もずっと続きます。

 

家ではCDを聴き、コンサートに当たれば絶対に行く!

これはもう83歳の気持ちではないですね。

 

私は面倒くさくなって、コンサートに遠いところまで行く元気がありません。

その女性は横浜アリーナだったら、良かったのに・・・

となげくほど。

 

幕張メッセも良いけど、横浜アリーナは規模が違うのでしょうか?

どちらにしても、私は自分よりも2周りも違う年上の一人暮らしの女性から元気をもらいました。

 

一人暮らしが孤独、寂しいなんて言っている私ですが、83歳のその方はもっと外に出なさいよ!

引きこもっちゃダメ!

あなた、若いんだからと言われてしまいました。

 

後日で電話がかかって来て、

「電話番号を交換しただけじゃ、つまらないし、もったいないじゃない?」

 

「元気かなと思って、電話しちゃったわ」

 

そうなんです。

やはり、受け身じゃダメなんですよね。

 

能動的にならないと、孤独から克服はできませんね。

 

私の前では「米津玄師さんのれもんをカラオケで上手に歌えるようになったら最高だわ!」

と、言っていました。

 

近々、その女性とファミレスでランチをする予定です。

 

60歳過ぎの友人づくりは難しいですが、どこで友達が出来るかわからないですね。

➡50代からの友達作り、私は新しい友達をここで見つけました!

 

貴重な体験でした。

ブログクリックありがたいです(^^♪

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ

そして素晴らしい前向きな83歳の女性に出会えて

自分も変わらなくてはいけないと思いました。

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください