独身女性の悲惨な貧困の老後生活にならないためにやるべき大事な3つの事

独身女性は老後に貧困になる確率が高い?

おひとり様独身女性は、悲惨な貧困老後生活が待っていることが多いと言われています。

 

誰もがそうなりたくないです。

悲惨な貧困老後生活をおくらないですむためには大事な3つのことを頭に入れてみてください。

その3つを実践して生活をしていくと貧乏から克服できるチャンスがあるのです。

悲惨な貧困の老後生活を送らないための3つの大事なこととは?

<スポンサーリンク>
貧困までは行かなくても生活がギリギリな女性が多いことは確かです。

夫がいなければ自分一人分の稼ぎで生活していかなければならないのは当然ですし、年金も一人分。

 

このままじゃ、老後は貧乏まっしぐらです。

そうならないための大事な秘策があります。

 

早ければ早いほど老後の悲惨な貧乏生活から逃れられます。

悲惨な貧困の老後生活を送らないための3つの大事なこと

1.住まい

住む場所も女一人でマンションを買えた人は安心かもしれません。

もしも、住まいが賃貸だったら老後は金銭的にかなり圧迫されます。

 

今のうちに対策を練りましょう。

●60歳過ぎたらもっと家賃の安い所へ引っ越ししたいと思っても中々借りることはできなくなります。

もしも賃貸でずっと住むのなら、50代のうちに安い物件を探して引っ越しすること。

年間でだいぶ家賃は違ってきます。

 

フルタイムで収入があるうち、又はまだ働けるうち、もしくはこのくらいの予算ならと思った時に不動産を購入する女性もいます。

 

不動産と言っても、一人暮らしなのでうんと安いマンションや一軒家です。

私の住まいの近くでは500万円くらいで買える物件があります。

 

賃貸で一生住み続けるよりは安心で、しかもお得。

将来何かあった時には貸すことも出来ます。

2.人脈作り

何かあった時に頼りになるのが人です。

女友達も大事ですが、ここは是非男性の親しい人を知り合いに作ってください。

 

はっきり言ってしまうと、

 

経済的にも精神的にも

異性パートナーはいたほうが良いです。

 

資料請求無料です。楽しいイベントたくさん!
➡<<40歳以上、中高年・シニアの婚活・結婚をサポート>>茜会

 

思った時が吉日。

パートナー作りは早いほうが良いです。

 

女性は自分の家族を一番に考えます。

良い人だと判断すれば女性の信用できる人を、少なくても良いので出来ればご近所にいたら安心です。

3.お金を稼ぐ・貯める

70歳になるまではまだまだ若いです。

出来るだけ稼いで70歳過ぎて悲惨な老後を送らないために、働きお金を貯めることが大事です。

 

年をとって働くというイメージは今の時代は恥ずかしいと言うことはないですね。

60代後半で働いている女性はかえってキラキラして見えます。

独身女性が老後安心して暮らすために

<スポンサーリンク>
独身女性は夫がいる女性よりも、生きていくのは大変。

だからこそ、老後安心して暮らせるように早めに対策を練っていかなくては後で大変な思いをします。

 

住まい、人、お金

この3つが安心したものであれば独身女性は悲惨な貧困老後生活を送ることにはならないのです。

 

70歳までこの3つを頑張って構築させること。

そうすればきっと大丈夫です。

 

老後資金も貯めて、住まいも安心したものにして、いざとなったら頼れる人がいたら鬼に金棒!

独身女性はどうやってお金を稼ぐ?

<スポンサーリンク>
健康は一番大事ですが、お金を貯めるのも同じくらい独身女性にとっては大事。

定年を過ぎてしまったら、パートやアルバイトになって思うように稼げないという女性もいます。

時給は900円なんてザラです。

 

50円でも時給の高い所を見つけてフルタイムで外に出て働くも良し、私のようにサロネーゼをしながら空いた時間にブログを書いて稼ぐのも楽しいです。

 

➡書く仕事で在宅で稼ぐにはどんな仕事があるのか、いくら稼げるの?

 

チリも積もればなんとやらで、一か月数万円の貯金が出来て1年間で数十万円。

本当の老後を迎える70歳になった時には、独身女性であろうが悲惨な老後を送らないですみます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です