独身女性は老後が不安!貯金はいくら貯まれば安心できるの?

独身女性は老後が不安です。

独身でも一度結婚し子がある女性と、一度も結婚していない子なし女性でもまた不安度は違います。

 

独身女性の老後が不安な要素はお金だけではなく、健康面も心配。

一人暮らしをしていく孤独との戦いをしていく生活。

 

ある程度お金を持ってれば、お金で解決できることも多々あります。

独身女性の老後にはいくら貯金を貯めれば安心できるのでしょうか?

独身女性の老後はいくら貯金があれば不安ではないの?

<スポンサーリンク>
独身女性が気になる老後に必要な貯金額。

 

これはそれぞれの状況におかれて、貯蓄の金額は少なくても大丈夫な人もいればかなり貯めておかないと悲惨な老後をおくる場合もあります。

年金が十分にあり、家もある場合

 

年金など月に入ってくるお金が15万円くらいあれば、老後資金は数百万円で大丈夫だということでした。

その根拠は?

15万円あれば、老後資金は手を付けないで取っておける。

毎月15万円も生活費にかからない。

 

よって、公的年金にしろ個人年金にしろ15万円の安定収入があれば、十分にやっていけるしお金も余るから。

家賃がかかる独身女性・年金が少ない独身女性の老後資金はいくら必要?

 

この場合は、限りなく働いていかないと老後は悲惨です。

家があって厚生年金が受け取れ1,000万円の老後貯蓄あれば安心です、とファイナンシャルプランナーが口をそろえて言っている昨今、少なくても1,000万円の貯蓄では足りないことがわかります。

年金が少ない場合老後資金はいくらあったら足りるの?

<スポンサーリンク>
年金が少ない場合、老後資金をいくら貯めたら良いかというよりも足りない分を働いて生活するということに現状なりそうです。

 

13万円と言う数字が独身女性のギリギリ生活できるかどうかのラインだそうですが、やり方次第では1日1,000円でも食費だけで考えれば暮らせると私は思います。

 

現に遺族年金9万円でカルチャーにも行き、お金を毎月貯めているという知り合いの未亡人がいます。

しかも余裕だそうです。

 

ひとりだから食費があまりかからないし、洋服などほとんど買わないということ。

入ってくる遺族年金は9万円でも、毎月数万円の貯蓄は出来ているとのことですよ。

独身女性が老後毎月5万円を増やすためには?

<スポンサーリンク>
生活に5万円くらいプラスできたら生活に安心感が生まれます。

その5万円をどうやって作ろうかと、テレビでは先日いろんなやり方で稼いでいるという例をあげていました。

 

家事代行

主婦の経験を生かして、家事代行をする仕事は70代後半でも可能です。

 

家でやっていることをお客さんの家でやってお金をいただいて喜ばれるということに生きがいを感じているそうです。

 

収入は人によりますが、5万円~10万円くらいが中心ではないかと思います。

 

シルバーセンター

60歳を過ぎたら行政が管轄している紹介制の働く場所

働く内容は様々

マッチングしたら働くことができ、自分で働き方を選ぶことが出来る

 

民間の働き方を探す

スーパーのカートの片付け

スーパーの品出し

ベビーシッター

掃除

 

散歩がてらポスティングや宅配

ぎんねこ宅配など配達

 

手芸

自分の得意を生かして、メルカリやネットで手芸用品を売る

 

ライター

記事を書いて収入を得る

シニアでも20万円くらい稼いでいる人がいる

➡書く仕事で在宅で稼ぐにはどんな仕事があるのか、いくら稼げるの?

 

断捨離をして家にあるお宝を売る

自分のエンディングをする年齢になったら、物を少なくしながらお宝を発見することもあります。

お宝ではなくても、捨てるよりリサイクルショップに出してお金にし家の中はスッキリ!

 

節約し貧乏飯を普段作って食べ、月にいくらかでも貯めることが出来たら老後は不安のない暮らしが出来ます。

➡50代からの節約生活は消費していくものだけを買い足し、貧乏飯でお金を貯める!

 

出かける時はお金お使う!

でもメリハリもなくては、人生つまらないですよね。

そのためには60歳すぎても工夫のある働き方をして、年金プラスアルファあれば安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です