50代ダイエット方法!無理なく早くリバウンドなしに成功する方法とは?

50代のダイエット方法で無理なく早く成功する方法とは?

 

そんなの簡単!

1日2食

糖質制限。

 

私が行った食事のやり方で1年間で10キロ以上ダイエットに成功しました。

そしてリバウンドは絶対にしないという自信もあります。

 

ダイエットうまくいかない、痩せないのよねと言う女性はまだまだ甘い。

絶対に痩せようと思えば痩せられますよ。

 

しかもエステでお金なんかかけずに、食事だけで体重は自然とみるみる減っていきます。

50代のダイエット方法は難しくない!一日2食とは?

<スポンサーリンク>
とかく今の時代の日本人は食べ過ぎなのだそう。

1日3食を必ず食べなさい何て言われている風潮がありますよね。

 

子供の時は、バランスよく3食を食べて良いのです。

大人になったら3食は総カロリーがどうしても多くなりがち。

そして、3食となると胃腸は食べてばかりと認識します。

胃腸は疲れてしまうので、消化せずそのまま脂肪となっていくのです。

 

2食にして、胃腸を休ませながら食事をすると臓器も綺麗でいられます。

自然とそしてダイエットにつながるのです。

 

半日断捨離を毎日やるようなものですね。

 

どうしてもお腹がすく人は間食に、豆類、ナッツ類を食べると良いのだそうです。

でもだんだん2食でおなかも慣れてきます。

私が1年間1日2食でダイエットした結果

<スポンサーリンク>
私は1年間2食で通した結果10キロ以上痩せましたが、今もキープしてます。

そして、リバウンドは絶対にないと根拠のない確信をしています。

 

それは無理のない急激なダイエットをしたわけではないからなんです。

私はペットロスがきっかけで食べられなくなり、自然と1日2食になってしまいました。

 

これがダイエットに適してたとは・・・

 

朝はコーンフレーク牛乳をかけてに果物だったり、ナッツとハチミツをかけたヨーグルトだったり。

この組み合わせは、ペットロスで食欲がなかったためです。

 

唯一朝から食べられたのが、この食事でした。

お腹がすいてなくても、体のために食べなくいけないなと食べていました。

 

でも食べると美味しく感じるんですよね。

 

バナナとかフルーツをトッピングすると意外と腹持ちも良かったので2食目までおなかはさほどすかなかったのです。

 

2食目はお腹がすいたときに簡単に調理して食べてました。

夕方だったり、夜8時頃だったりバラバラ。

 

好きなもの、食べたいものを食べました。

どうせ2食だから総カロリーはそんなにいってないはず。

 

お肉を焼いて、野菜をたっぷり後から炒めてみたり、餃子を何十個も食べたり。

ちなみに餃子の時は皮がご飯みたいなものなので、炭水化物は食べないです。

 

たんぱく質を食べる時も、ご飯を食べないでカリフラワーやブロッコリーをたくさん茹でてマヨネーズでこれでもかとたくさん食べてました。

まとめ

<スポンサーリンク>
40代位から代謝は悪くなって、50代ともなると体は柔らかくなりスタイルも崩れ痩せにくくなってきます。

年代が高くなるにつれだんだんダイエットが難しくなってくるのです。

 

それでも自分にあったダイエット法が見つかればストンと体重は落ち、リバウンドもしません。

 

私の場合は、ダイエットを意識していたのではないのですが、結果的に自分に一番合っているダイエット法を実践していたのです。

糖質カットもしなくっちゃ!

と思ってやったわけではなく、自然と取り入れていたということなんです。

そしてダイエットしている時は、食べたいのにダイエットのために我慢をしてるという人がほとんどですが、それはストレスがたまります。

 

ストレスはダイエットの大敵なんです。

自然に任せたやり方のダイエットが一番ストレスを感じず、リバウンドしないダイエット法です。

 

1日2食しか食べないという実践法は1食食べてから、12時間置くと良いとも言われています。

私の場合はそういった規定を作りませんでした。

 

  • 2食の徹底する=食べない時間帯を多くする
  • 糖質カット(炭水化物を少なくする)
  • ご飯を食べるなら、白米ではなく茶色系

 

●内臓脂肪が気になる人、お腹が出ている人はサプリを活用してもダイエットの早道ですね!

➡50代女性の体脂肪率平均は?内臓脂肪は多くても気にしないと後で大変!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です