60歳から2000万円貯めるには?方法は3つあるがそんな大金貯める必要ない!

今現在60歳で2000万円どころか全く貯金がないという独身女性も、何割かいるのご存知ですか?

何で今まで貯めてこなかったのか?

 

私もそうですが、あの時の稼いでいた時がそのまま行くと思って使ってしまったんですよね。

そのまま堅実に貯めておけば今マンションの一つくらい買って、投資に回せたと思います。

でも仕方ありません。

 

お金はできるだけ今から貯めようと思います。

 

2000万円問題がクローズアップされてますが、独身女性はとても心配しています。

そのことについては、条件がそろえばそんな大金は心配はいりません。

50代60代独身女性が2000万円貯まってなかったら生きていけないのか?

 

今ある収入で生活できれば、2000万円もいらないのです。

現に遺族年金や、現に年金をもらっている人で9万円だったり、働いてやっと15万円の人がいるのですが十分その金額で暮らしています。

いくらの貯金があるかはわかりませんが、まったく他の貯金は手を付けていないそうです。

金融庁の2000万円赤字問題は少し大げさではないでしょうか?

 

そのまま節約もせず生活していれば、毎月赤字になりますが生活の工夫をすれば2000万円なんて必要ないのです。

 

もちろんあっただけ安心感はありますし、老後のことを考えたら老人ホームの資金と考える時が来るかもしれません。

 

でも。あくせく働いてゼロから2000万円は体を壊してしまいます。

 

現状の金額で生活できるか、シュミレーションしてみれば生活できるとなれば2000万円は必要ないのです。

おそらく500~600万円の貯蓄があれば安心でしょう。

どうやって貯金をしていったら一番手っ取り早い?

 

とは言うものの、全く貯金がない、又は数百万円しかない場合はちょっと不安です。

 

やはり固まったお金1000万円は持っておかないととても安心できないと私は思います。

 

たとえ使わなくても、1000万円あるかないかで精神的な安定は違います。

貯金の仕方50代60代編

 

もう冒険はしない

株やFX、投資信託などリスクのあるものは精神的によろしくない。

そして、命の寿命を考えると次の波が来るまでもしもマイナスだった場合まっていられない。

貯金は定期預金に限る

私は少々昔からの付き合いで投資信託をしてますが、今からだったら絶対にやりません。

良い時にやった人ならまだしも、またリーマンショックなどあったら立ち直れません。

ですので、投資信託の分のお金はだいぶおろし、家の近くの銀行に普通に預けなおしました。

一安心です。

利息は全くもって付かないに等しいですが、安心です。

節約をする

60歳からは何も買わない!

買うときは本当に必要なもの、消耗品。

時には洋服、下着を買いますがその時は見すぼらしくなったものを、一つ捨てます。

 

その代わりになるものを買うと言った考えで購入することに決めました。

 

物欲を抑えてますが、これも慣れだと思います。

おそらく、節約をしてお金が貯まってくるとそれが快感になってくるはずなのできっと物欲が私の中では負けてくるでしょう。

お得な買い物しかしない

どうしても買い物が必要な時は、クーポンを使ったり、時間によっては夕方以降のスーパーに行ったりします。

また、うんと節約できるサイトに登録します。

 

こちらはずいぶんたくさんの人が登録しているようで、知っている人はかなりお得な生活をしています。

私も友人に教えました。

是非登録し、自分に合ったお得を見つけたほうが断然有利ですよ。

 ↓↓↓

実はそんな大金は貯める必要ない

 

2000万円貯めないと、年金が赤字の分を考えると生活はできないと言われていますね。

それに限っては夫婦での計算式です。

 

とは言うものの、おひとり様独身女性は既婚者よりもお金を貯めておく必要があると言われています。

なぜなら、将来介護してもらう形になった時子供も誰もいないことを想定するとヘルパーさんに頼むことになります。

 

お金がないとヘルパーさんを頼むことさえできません。

自力でどこか賃貸を借りる場合も、一生家賃の心配もあります。

 

既婚者は夫の男という力で、一軒家やマンションなど自分の家を購入している人がかなりの確率で多いのです。

独身女性は中々自分で不動産を買うというのはよっぽどです。

 

計算をちゃんとし、節約し堅実な生活をしていればマンションも買えたと思いますが、おひとり様は自分の住まいを購入した人の確率は低いです。

 

そうなると、2000万円は賃貸の人よりも家を持っている人はあまり必要を感じなくても良いのかもしれないのです。

たとえ賃貸であっても、今の水準で生活できるのであれば2000万円を貯めるということはしないでも生活出来るはずですよね。

 

家賃はありませんが、9万円で遺族年金で余っているという人もいるくらいですから。

 

それでも副業は隙間時間にやっておくことをおすすめします。

だって、好きな時間例えば夜1~2記事書いて一か月数万円~10万円以上になったら嬉しいですよね!

↓↓↓

書く仕事で在宅で稼ぐにはどんな仕事があるのか、いくら稼げるの?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です