老後おひとり様が貧困にならないコツは住む家と年金と多少の蓄え!

老後はちゃんと生活することが出来るだろうか?

 

おひとり様になった女性はそう思ういます。

 

自分一人で頑張るおひとり様はどうやって資産形成をすれば、

老後安心して暮らせるのでしょうか?

 

それは、住む家と年金の額と、ちょっとしたまとまった額次第なのです。

 

老後はそんなにたくさんの貯蓄は必要ない!

<スポンサーリンク>
巷では、おひとり様の老後資金は3000万円~5000万円は最低でも必要!

 

と書かれているの情報を見かけたことがあります。

 

私はある本を買いました。

 

そこには、

1000万円代の貯金があれば女性一人生活できるとのこと。

 

しかしながら、そこには年金と家と言う安心があってのことです。

 

自分が家を買えなくても、親から住んでいた家を引き継げますか?

 

小さくても良いからもうすでに若いころ、マンションを買ってましたか?

 

現金でマンション又は古家を買っても多少のお金が余りますか?

 

それなら住まいは安心です。

 

ただ、マンションは世帯数が少ない場合は安い賃貸と同じくらいの管理費がかかり、

さらに固定資産税がかかります。

 

かえって小さな一軒家を買ったほうが良い場合もあります。

 

そうそう、多少の資産があったり、財産が入ったからと言って、

間違ってもタワーマンションを買うべきではありません。

おひとり様の女性の年金は?

おひとり様の年金の支出の平均は15万円だそうです。

 

これ、嘘っぽい!

 

私の周りの女性たちはそんなに使ってません。

 

何にそんなに使いますか?

 

実際に8~9万円位で生活してますよ。

その中から貯金も出来てます。

 

その彼女たちは家があります。

 

女性の必要な年金額の平均は15万円と言われていますが、

 

そんなにいらないでしょ?

 

もし、そこに家があったとして年金が15万円入って来たらかなり貯金が出来ます。

 

人によりますが。

 

中には旦那様が亡くなって、未亡人になりたくさんの退職金や生命保険、

遺族年金が入って生活するのに有り余るという女性もいます。

 

そんな方は、まとまったお金もストックしてありますので、

ネイルにマツエクは毎月してますし、洋服代もかなりかけています。

 

もうすぐ60代になりますが、夫が遺してくれたお金で老後の心配無用なんです。

 

そんな方は別として、普通におひとり様の老後はまとまったお金が1000万円は貯めましょう。

 

もし貯まってなかったら、60歳過ぎても1000万円になるまで何とか働き続けることが安心の元です。

年金がもしも10万円以下になりそうだったら?

<スポンサーリンク>

そこそこの厚生年金で、家があって1000万円以上の資産があったら

おひとり様でも安心して暮らせるということです。

 

でも、厚生年金の額が満額もらえる人ばかりではありません。

 

また、国民年金の人。

 

途中払っていない人。

 

平均すると女性の厚生年金をもらう人の金額は11万円。

 

国民年金は5万円代。

 

あぁ、どうする?

 

国民年金の女性でも、自営でずっと働けるのであれば特に心配はないです。

 

そうではない人は、節約とこれからも働き続けるしかないのです。

それでも無理になったら生活保護と言う選択になる場合もあります。

50代独身女性の貧困の本当の心配は60代から!それまでにやることとは?

 

そうならないために、まだ60代のうちに住む家の確保、年金額を増やす、お金を貯めるこの三つを何とかクリア売ることが重要ですね。

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください