独身女性の一人暮らしが犬を飼うことはリスクが高い!

寂しいからと一人暮らしの女性で犬を飼おうかなと悩む女性はけっこういます。犬って、従順でとても可愛いです。

 

犬のためなら、どこにも寄り道をせずにまっすぐ帰ってきて、頭をなでなでしたいです。

でも、犬を飼うことって独身女性の一人暮らしの女性にとってとってもリスクが高いのです。

 

飼い主さんだけではなく、犬にとってもかなり不安定。本当に一人暮らしの独身女性が犬を飼うことの大変さを考えると飼えなくなると思います。

特に50代以降の女性の独身の一人暮らしで犬を飼うことはとても、犬にとっては大変リスクが高いです。

一人暮らしの女性が犬を飼うのはリスクが高い理由

<スポンサードリンク>
犬を飼いたい!

 

でも一人暮らしで犬を飼うって、想像以上に精神的不安を与えます。

 

働き盛りの、30代40代50代で独身シングル女性が一人暮らしをして犬を飼っていた場合、10時間くらい愛犬は一人ぽっちで留守番をしています。

 

寂しいし、不安です。また、途中で具合が悪くなっても飼い主さんが働きに行ってて他に見てくれる人がいない場合、こんな時が一番リスキーですね。

 

朝、ワンちゃんの体調が思わしくないときでも、会社を休めるかどうか?

 

ワンちゃんも体調が悪いと毎日のように動物病院へ行き、点滴したり検査することもあります。

飼い主さんがひとりの場合は難しいですよね。

犬を飼いたくなったきっかけは?

もしも犬を飼いたくなったときに、自分が寂しいからとか孤独感を無くすために犬を飼うのが理由なら飼わないほうが良いです。

 

そうではなく、犬を見てひとめぼれをして一生この子の面倒を見てあげたいという気持ちから飼うのならまた話は違います。

 

犬って飼ってみると、最初は自分のために飼っても何年もすると

「この子のためにやってあげなくっちゃ」

と、犬のためにシフトチェンジしてきます。

 

最初は自分の寂しさを埋めるために飼いたい!

と思っていても、だんだんと愛犬中心の気持ちになっていけば良いのです。

 

でも、最初の子犬の時だけ可愛がって、だんだん大きくなれば最初の子犬と見た目も変わってきて可愛くなくなってきたと感じる飼い主も出てくるんです。

そうなってくると、育児放棄のようなものですね。

永遠の幼子のペットが病気になったり、亡くなる覚悟が出来るかどうか?

<スポンサードリンク>
ペットを飼いたい人は、一人暮らしの女性も結構いる昨今です。

愛犬がいると、かなり癒されますからね。

ただし、病気になるとお金もかかります。精神的にも心配はつきものです。

 

人間と同じような病気にもなります。

長期にわたって病気になり、数百万円の治療費も場合によってはかかることもあります。

 

そんなお金をかけられないからと、悩んでいる飼い主さんもたくさんいます。

また、ペットが亡くなった時の喪失感はかなり強烈です。

ペットロスがひどい人

50代以降の人

一人暮らしの人

そんな状態がいつの日かやってきます。ペットロスになったら耐えられるかどうか?

耐えられる覚悟は、飼う前から出来るなんて答えられる人はいません。

 

そして、そんなことは想定外のことです。

子犬の時にやがて年老いて老衰になったり、いつか病気をするだなんて誰も思いませんもの。

 

でも、病気はいつか突然やってくることもあります。

そこからは愛犬と飼い主さんの精神力や金銭の戦いが始まります。

 

50代女性独身一人暮らしで犬を飼うことの難しさは、とってもリスキーであることは間違いないです。

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です