エリザベートミュージカル 2019気になるあらすじや曲やキャストについて!

東宝エリザベートミュージカル 2019公演が決定しましたね。

以前から中高年熟年50代の女性にもとても人気のあるミュージカルです。

 

帝劇でやるエリザベートを心待ちにしてた人もいるでしょう。

気になるのは、配役(キャスト)や曲ですね。

 

エリザベートのあらすじも後から簡単に触れることにするとして見ることにしましょう。

エリザベートミュージカル 2019公演いつからいつまで?

<スポンサーリンク>
ミュージカルエリザベートの公演日

2019年6月7日(金曜日)~8月26日(月曜日)

場所

東京都帝国劇場

所在地: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内三丁目1番1号

エリザベートミュージカル 2019キャスト

今回の2019年版には、エリザベート役の花總まり、愛希れいか、トート役の井上芳雄古川雄大、ルイジ・ルキーニ役の山崎育三郎、成河が出演。このほか、フランツ・ヨーゼフ役に田代万里生、平方元基、ルドルフ役に京本大我、三浦涼介、木村達成、ルドヴィカ / マダム・ヴォルフ役に未来優希、ゾフィー役に剣幸、涼風真世、香寿たつきがキャスティング

私は涼風真世さんが好きだなぁ。

女優としてもとても魅力のある方ですね。

 

そして、山崎育三郎さんは最近歌番組に良く出演されていらっしゃいます。

かなり認知度も高いですね。

 

彼をお目当てでエリザベートを見に来るお客さんも多いのではないでしょうか?

dvdエリザベート2016年版発売中

<スポンサーリンク>

やはり、エリザベートのミュージカルもDVDで発売されるのです。

でも、本物は臨場感が違うので、是非ミュージカルは実物を目の前で見てみることをおすすめします。

 

きっと、このブログを見ている方は、もちろん目の前でミュージカルなんて数え切れないほど見ていると思いますが。

 

さて、2016年の時のエリザベートのDVDは12,000円で発売中とのことです。

 

DVDにしてはお値段が高いような気もしますが、

何度も見ることを考えればそうでもないのですね。

 

インターネットでも買えますし、もちろん帝国劇場でも買えます。

八重洲ブックセンターや、山野楽器本店など等でも購入できるそうですよ。

 

きっとエリザベート好きな人はずっとDVDは買っているのでしょうね。

エリザベートのあらすじ

<スポンサーリンク>

私はまだエリザベートを見てないんです。

 

しかしながら、見た方の感想やあらすじを読んでみると非常に難しい。

回想シーンなんですね。

 

そして、物語は19世紀オーストラリアのハンガリーです。

エリザベートはオーストラリア王妃であり、暗殺されてしまう。

そこでこの物語は普通は終わりですよね。

 

回想シーンなので、いろいろあるのです。

あまりにも細かすぎて、あらすじが書けない私。

 

ただ最初のエリザベートは一路真輝さんだった記憶が非常に脳裏に残ってます。

それは1996年の時の時のことです。

 

ということは、24年間ミュージカルエリザベートは支持されているということです。

おそらく大筋のあらすじは変わってません。

 

変わるのはキャストと、曲位でしょう。

それでも、キャストが変わるだけでミュージカルって雰囲気もかなり違います。

 

そうそう、私は「レミゼラブル」を2回見ました。

わざと違う主演の時に。

やはりキャストによってずいぶん雰囲気は違いますね。

 

乃木坂ちゃんは弱かったかな、でも可愛らし主演を務めたかなという印象がありました。

それぞれファン層は違いますね。

曲エリザベート人気なのは?

 

エリザベートの中で歌っている人気の曲をあげてみました。

  • 闇が広がる
  • 私だけに
  • 最後のダンス
  • 私が踊るとき
  • 夜のボート
  • 愛と死のロンド
  • ミルク
  • 闇とうつつの狭間に

韓国エリザベートソウルでは安く見れる?

韓国のソウルでエリザベートが見れるんです。

2018年11月17日から2019年2月10日まで

劇場は、ブルースクエアインターホール

チケットは座席によって違います。

 

6万~15万ウォン(1ウォンは約990円)

明洞から近いので、場所的には便利ですね。

 

もちろん、エリザベートのキャストは韓国の方ですよ。

まとめ

<スポンサーリンク>
半年間に1~2回くらいしかミュージカルを見ない私ですが、やはり目の前で見るのは違います。

映画とは違います。

 

またエリザベートもロングラン公演なので、

息の長いミュージカルとしては大成功です。

エリザベートに出演できるキャストは誇りに思うのではないでしょうか。

 

私はぜひ今回のエリザベート2019は絶対にはずさず見に行きたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください