年収1千万円は実際700万円の手取り!もはや誰もが節約

年収1,000万円もらっている人って、男性は100人に6人。

女性は100人に一人くらいの割合なんですって。

勝ち組ですね。

でもそこそこ節約をしないとシングルだと税金でかなり持っていかれます。

なので、年収が高くても節約をしないとダメなんです。

<スポンサードリンク>

年収1000万円の人も節約しないとダメ

 

年収が1,000万円あるって何となく安心します。

扶養家族がある人は控除部分がありますので、多少引かれる金額も少ないですよね。

 

でも、シングルの人は何かと引かれる金額も多くて1,000万円の年収でも

約3割もの税金やら何やらが引かれてしまいます。

 

あぁ、1,000万円だと思ったら700万円かぁ。

700万円でも多いほうですが、他の人よりも恵まれた年収だと思ってお金を使ってしまうとお金がたまりません。

 

毎日ランチで1,000円も使ってたら、帰りのカフェ代も合わせると月あっという間に3万円行ってしまいます。

余裕の年収だと思う人は、習い事もお金を惜しまないんですよね。

 

服も靴もバッグも欲しい!

➡物欲が止まらない?

料理教室、フラワーアレンジメント、スポーツクラブ。

あっという間に3万円です。

 

夜ごはんは付き合い。

又はコンビニや、一人で大戸屋や定食屋さんに行ったり。

 

自炊も一人だとお金がかからなそうですが、工夫をしないと自炊もお金がかかってしまいます。

年収1,000万円の人の節約

<スポンサードリンク>
年収が高いほど、税金関係を持っていかれる金額が大きいと思っておかなくてはなりませんね。

余裕が起きな悲劇を産んでしまうのです。

買い物三昧、物欲が止まらない。

やはりお金が無いと、必然的に物欲がストップします。

 

欲があると、消耗品以外のものが増えてしまいます。

断捨離が出来なくなり、お金が入ってきても幸せは遠のいて行ってしまうこともあるんです。

 

今は断捨離と言われている時代ですが、これは本当です。

 

いらないものはどんどん捨てるほど良い気が入ってくるのです。

 

汚くなったり、よれてきたものは服でもなんでも新しく慎重をするべきですが、

そうでもないものは買い足さないことです。

↓↓↓

断捨離をしてみるといつの間にかお金は貯まって理想的な部屋へとなっていく!

 

物を増やさないことが、お金を貯めるコツでもあります。

年収1,000万円の人も断捨離をして、買い物はあまりしないことをするとお金は貯まってきます。

お金を使うところは、目に見えないところ。

生きていて、ここぞというところにお金を使う醍醐味が最高です。

洋服、バッグ、靴、食器はよっぽどのことではない限り、新調しない。

お金を使うのはせっかく生まれてきたのだから、目に見えない思い出を作る所にお金を使うのが最高です。

 

後に残らないからもったいない、だからこそ贅沢で生きる喜びがあるのです。

例えば、旅行ですね。

人間はいつまで生きられるかわかりません。

 

思い出は旅行で思いっきり楽しんでお金を使うのって素敵だと思いませんか?

節約するところは節約をして、メリハリを付けて人生を楽しむのって最高の贅沢ですよね。

 

1000万円の年収があるからそんなに贅沢が出来るのよ!

と、思いますよね。

 

それはそれで旅行の金額と相談すればいくらでも安い旅行を見つけることも出来ます。

2か月に一度おおるりと言うバス旅行に必ず行くという知り合いも何人かいます。

 

泊まりなのに、とても安いのだそうです。

普段は節約して、旅行にお金を使うのもはっきりとお金を使った名目がわかってメリハリがついていいのかもしれません。

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です