別居前又は、離婚前に貯蓄は1,500万円は最低貯めこもう!

別居前又は、離婚前に貯蓄は1,500万円は最低貯めたもん勝ち!

 

私の知り合いは今別居中。

別居してから約1年。

 

別居するのは決めていたけど、別居してからよりも一緒に生活している時のほうが生活費は多くもらえると予想してました。

 

ということは、別居したら、今よりも仕送りが少なくなる。

それなら別居する前に目標額を決めて別居することに決めたのです。

 

目標額2,000万円超。

 

貯まったところで、別居を言い出しました。

離婚も別居も2,000万円が一つの貯めるライン

<スポンサーリンク>
別居先はもう決まってました。

 

運よく身内のところで、タダで住まわせてもらえることになりました。

 

2,000万円をもっと増やさなくっちゃと、パートをしています。

 

別居していても夫は妻に生活費を支払う義務があるので毎月いくらかのお金は振り込まれています。

離婚だったら、慰謝料で終わり。

 

別居だから、まだ毎月生活費が降り込まれてくるので安心ですよね。

 

その方も言ってます。

 

離婚する気はない。

愛情はないけど、損得を考えたら熟年の離婚はリスクが大きい。

 

もしも、旦那様が亡くなったら未亡人になり遺族年金はもらえるし財産だって子供と分けることになります。

熟年離婚はリスク大

<スポンサーリンク>
離婚したら、何もなし。

年金分割を当てにして離婚した女性は悲鳴をあげているそうです。

 

別居した時点で2,000万円だったのが、今はもう少し貯めていきたいなと言ったところ。

 

やはり3,000万円は貯めていかないと不安だと言ってました。

もしかしたら、将来老人ホームに入るかもしれませんし。

 

3000万円の固まった金額があると伴侶がいなくても安心しますよね。

 

とりあえず今は最低1,000万円と住む家と10万円超の年金があれば独身女性は一生食べていけるとは言われて入るものの・・・

 

もしも寝たきりになったら、一人では住めないし。

やはりどこかのホームにいくことになるのかな。

子供がいれば助けも当てにしちゃうけど、そうさせたくないし自分で何とかしたい。

 

そうなると、お金を貯めるしかないんです。

別居中の方は、旦那様からお金をいただいてください。

 

裁判所に申し立てをするとちゃんと振り込み手続きをしてもらえるようになります。

離婚の場合は、なるべく離婚するなら仕事も体力もある50代前くらい?

 

50歳になったら、いきなり体力もきつくなるし、仕事も特別の資格がないと時給900円で1日8時間労働。

家賃は4万5千円のところにつつましく住むという現実もあります。

若ければ、まだいろいろと挑戦も出来ます。

 

再婚だってできます。

なんてったってお金を貯めなくっちゃ!

株?

FX?

投資信託?

私は怖くて、投資信託だけ少し証券会社に残して後はすべて普通の預金口座です。

 

若かったら、お金の変動の良い波、悪い波、いろいろと待つことも出来ます。

 

もう熟年になったら、そんな待ってられません。

地道にお金を貯めていくこと。

 

私が今仕事としてやっているのは、自宅でエステの仕事。

これが本業です。

 

そして今書いているブログの仕事。

 

このブログの仕事、私はアフリエイトと言って考えながら書く仕事ですが、クライアントさんからお題をもらってブログを書くという仕事もあります。

 

地道なのはこちらのほうです。

何しろ、必ず1文字↓↓↓いくらとお金をいただけるのですから。

➡ネットに記事を書く仕事は副業としておススメ?稼げる在宅ワークとは?

私がやっている仕事は、良い時は良いけど。ゼロの時もあります。

稼いでいるシニアの方、羨ましいです。

 

20万円ってどれくらい書いているのか知りたいです。

どちらにしても、本業だけじゃお金が貯まっていかないと思ったら副業をおすすめします。

 

又は、別居中でしたら、もっとお金を多めに送って!

とねだってみましょう。

 

離婚した場合、生活が苦しくてもう明日のコメがない!

 

そこまで苦しくなったら、タダで出来る婚活サイトでい人をゲットしちゃうのもアリですよ!

女性は無料

お申し込みはこちら↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です