50代で近藤サトさんのように、白髪を染めない選択が出来る人は少数!

50代で白髪がない人はあまりいません。

 

30代後半からボチボチと増えてくる白髪も40代となり、

染めなきゃいけない年頃になります。

 

そして50代になると立派な白髪が次々に生えてきてしまうのです。

 

50代になった時の白髪は、そのまま放置でいると

人によったら老婆です。

 

近藤サトさんが白髪を染めない選択をしていますが、

そのような状態でいられる女性はごく少数なんです。

白髪を染めないメリット

<スポンサーリンク>
近藤サトさんは、年齢的にまだ40代後半。

その割には白髪が多いほうですね。

 

以前からきっと白髪が多く染めていたのでしょう。

きっとここにきて、染めることはやめようと決心したのでしょうね!

 

白髪を染めないメリットとデメリットはあります。

まずは白髪を染めないことでのメリット

美容院に行ったり、髪を染めるお金がかからない。

節約になります。

 

1年間を通して何万円も違います。

おそらく平均的に美容院通いですと、3万円~6万円くらいは浮くでしょう。

 

家でカラートリートメントをしたとしてもそこまで

お金はかかりませんね。

 

また、美容院へ行けば染めるだけではなく付き合いで

パーマをかけたりカットもします。

 

そして美容院に行く時間もかかります。

1年間でずいぶんと髪にかけるお金や時間がかかってます。

 

でも、これも楽しみの一つでもありますから、

お金に余裕があればこれは節約はしないと割り切るのも一つです。

白髪を染めるデメリット

<スポンサーリンク>
50代、60代ではどっと白髪が増えてきます。

でも近藤サトさんのように美形で

いつも着物を来てる日常というわけにはいきません。

 

そうなると、やはり白髪は染めて少しでも綺麗に若々しく見せたいですよね。

美容院に行き、白髪を染めればお金もかかります。

 

節約したくても白髪染めは必要経費。

そして、髪にも地肌にも悪いのはわかってます。

 

でもしょうがないんです。

 

まだグレーヘアーにはしたくない!

70代後半まで白髪は隠していたい!

 

髪に悪くても、地肌に悪いとわかっていても

白髪を美容院で染めてしまうんです。

 

白髪染めのデメリットはお金がかかるし、髪や地肌に良くないけど仕方がない!

と割り切っている女性が多いのが現実です。

50代白髪染めの頻度私と友人の場合

<スポンサーリンク>
私は美容院に3数週間に1度リタッチ染めに行ってます。

友人は同じくらいの人もいれば、4か月に1度の人もいます。

 

私はもみあげのところと、最近襟足の部分の白髪が多くなり美容師さんに

 

ここに白髪が多くなったのよ」

 

と、伝えています。

 

 

それでも3週間も待っていられないことがあります。

 

いくらなんでも月に2回は白髪染めは行きすぎかなと思い、

カラートリートメントを間に挟んでいます。

 

有名どころ、売れているカラートリートメントがあります。

初回お試し、単品だから購入しやすいです☆

 ↓↓↓

まとめ

 

50代以降になると、50代までの白髪率と比べものにならないほど増えてきます。

 

近藤サトさんは、きっと体質で白髪が多いほうなのだと思います。

美形だからこそ白髪のままであっても綺麗な人は綺麗なままでいられるのです。

 

そして着物でテレビに出ていらっしゃる。

髪型も白髪に合ったスタイルを維持してますね。

ごく普通の一般の女性は白髪に合った髪のスタイルにするということは難しいのです。

 

70代にもなれば、普通にショートカットでマダムっぽい髪型もアリです。

でも50代60代で白髪となると髪型も考えないと老けて見られてしまします。

 

それが嫌なので、当分はまだ染めていたいという気持ちが現状と言ったところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です