50代60代独身女性の3割は貯蓄ゼロ!?皆 いろんな方法で生き延びています!

50代60代でなぜか貯蓄が全くないという独身女性、おひとり様はなんと3割もいるというデータが!

現役なら、毎月のお給料が入ってくるから生活はできます。

定年から年金をもらうまでの無収入の期間は困りますね。

 

また、途中何があるかわかりません。

友人は定年を待たずしてリストラ。

賃金カット。

 

上司によるパワハラにより35年勤めあげた正社員をこの夏で辞めました。

その方は退職金もごっそり入るから良いでしょう。

 

そうじゃないおひとり様。

貯金がゼロの50代60代独身女性の生きる道は?

いくつか方法をお教えしましょう。

50代60代の貯金がない独身女性は現役時代に貯めまくる!

<スポンサーリンク>
あぁ、私金が全然貯めてなかった!

 

と、気が付いたときにもう遅い!

実は遅いのですが、遅いなりに貯めることはできます。

 

一番良いとされているのが、年齢を重ねた時は定期預金。

金利は安くても、精神的な不安がありません。

 

そして、定期預金があるという安心感。

 

いつの間にか、あ、定期預金やってたの忘れてた!

なんてことも!

使わないで良いようにしておけますから。

 

定期預金は絶対におろさないようにしておくのです。

定期預金するお金なんかない?

 

だったら、積み立て定期をするのです。

5000円くらいなら出来ますよね。

 

自然と貯まっていきます。

出来れば、1万、2万、3万ともしくは5万円くらいの積み立て定期をしておくと老後資金も安心です。

 

年間に60万円貯まれば5年で600万円。

10年で1200万円ですから。

 

独身女性は1000万円あれば安泰です。

ただし、年金で生活できればの話です。

 

年金で生活できるかどうかは個人差があります。

金融庁では二人で26万だなんだといてますが、一人で9万円あれば安い家賃を払ってもギリギリ生活している人も知ってます。

 

私なら、500万円の安いマンションを買って7万円くらいで生活します。

だって、食費が2万円代で済ませているというファミリーもたくさんいるというのですから。

 

主婦雑誌には、色んな若夫婦の給料明細やこまかな家計が書いてます。

 

おひとり様なんかは、19円のもやしとごま油にラー油をかけて美味しい逸品が出来上がり。

そして、たんぱく質は豆腐にツナをのせて、マァおいしい。

次の日はもやしの天ぷらと、サバ缶にニンニクきゅうり。

 

お金かからないですよ~。

2万どころではありませんね。

 

とにかく、現役だろうが節約をしてお金を貯めましょう。

そして定期預金をするのです。

貯蓄ゼロの場合、やってはいけないこと

<スポンサーリンク>
お金がないから、少しお金をかき集めて少しでも増やしておきたい!

でも、日経平均をみても良い時悪い時って何十年も見ていると波があります。

 

50代60代はそんな波をまっていられる年齢ではないのです。

  • 投資信託
  • FX

どなたかこの辺りに精通している人がいて、勉強出来て儲かる確信があったら止めはしません。

でも、この分野に手を出すのは50代前半までかな。

 

私も相当やりましたよ。

300万円くらいもうけを出しました。

 

今も毎月分配金が出ています。

たかが知れてます。

 

だて5000円くらいですもの。

良い時はその20倍くらい。

 

でも、リーマンショック以来、元金がうんと下がり神経がやられました。

 

ただまだ若かったからよかたのです。

少し塩漬け。

 

戻ったところで、ほとんどおろし普通貯金へ。

年をとってからは、賭け事に近いお金の投資はよっぽど余力のお金がない限り心に余裕が持てません。

熟年世代の独身女性が一番お金を貯めるのに手っ取り早いやり方

<スポンサーリンク>
生活費の中で見直しをすると、削れる部分とどうしても無理な部分がありますね。

光熱費

使い方次第で削れます。

例えば、真夏のエアコン

寝ている時は29度くらいにしてずっとかけっぱなし。

タイマーにして温度を低くしておくよりも電気代はかかりません。

日中は湿度が高くても、送風や除湿よりも冷房にしておくほうがエアコン代は安いです。

 

冬のエアコン

なるべく温かい服装でいることが一番

最初はストーブ、温かくなったらエアコンに切り替え。そして消す。

私はある程度温かくなったらこたつ派です。

 

食費

食費は一人で家にいる時は何が何でも節約を!

安いものでも栄養価が高いものはいくらでもあります!

先ほどのもやし・そして卵・きのこ類・豆腐・キャベツ・魚類の缶詰

この辺りを駆使しうんと節約生活を!

 

そして、友人とのランチや食事は半額などでお得に!(ファンくる)

食事ばかりではなく化粧品だってサンプルをいただけるので私は友人に教えまくりです。

知らない人は損。

クリックしてみてください。

面白いですよ!(ファンくるが簡単おススメ!)

➡在宅スマホやパソコンで簡単にお小遣い&節約できるサービスまとめ

50代60代どうしてもお金がかかる!ここを乗り切るには?

<スポンサーリンク>
医療費

なんだかんだって年間ずいぶんかかってます。

しょうがないですこればっかりは。

 

大きな病気にならないよう、なにか変だなと思ったらすぐに病院へ行きレントゲンやMRIを取ってます。

また、定期的に胃と腸の内視鏡も数年に一度検査してます。

 

余談ですが、友人が人間ドッグで脳のMRIを撮ったら脳のコブが偶然見つかり危うく破裂する寸前。

手術し、胸をなでおろしました。

 

もしもあの時検査をしなかったら半身不随になってたとのことです。

ということで、年齢を重ねれば重ねるほど医療費はかかります。

 

その分も視野に入れ、お金を貯める重要性があります。

50代60代の独身女性で彼氏又は恋人がいる人のデータはわかりません。

私は未亡人。

 

同じ未亡人の友人は恋人がほぼいません。

なぜか?

面倒くさい。

 

結婚を意識しないし、夫が遺してくれた家もあるし遺族年金もあるしご飯をご馳走してくれても何だかぁ・・・

あまり魅力を感じる人がいない。

 

うんうん!

わかる!

 

でもそれはいろんな男性を見ていないから。

バツイチであろうが、趣味に一歩踏み出してみたらへぇ夫以外にこんな人間がいるんだ!

と思うかもですよ!

 

そして恋人を見つけるのも良し!

結婚しなきゃいいし、異性の友人を持つっていつになっても自分自身も悪いことではないのです。

 

独身女性、お金もなかったら彼氏を見つけるべし!

ご飯を食べに連れていってくれる男性。

 

パートナーを見つけるのも、お金を貯める一つの作戦。

私も時々そんな男性に月に数回ご馳走になってます。

 

それで5000円浮くと考えたら、これも打算的ですが独身女性の生きる道です。

そんな男性を私の友人はここで見つけました。

↓↓

➡50代独身女性の本音や悩みとは?熟年結婚も視野に入れよう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です