50代独身女性の老後は不安がいっぱい!60歳まで最低限いくらお金を貯めたら安心?

50代独身女性の老後は不安がいっぱい?!

 

この先一人でやっていくには60歳まで最低限いくらお金を貯めたら

安心なのでしょうか。

 

バリバリと仕事をして生きた女性でも50代を迎え、

更年期も真っ只中または過ぎ去っている人もいます。

 

そんな家庭を持たない人生を選んだ50代独身女性の悩みは?

お金

健康

老後

年金

住む場所

友人関係

パートナーのいない不安感

 

50代になって気が付いた将来の漠然とした不安。

 

そんな50代独身女性の今を深堀りしていきたいと思います。

50代独身女性の老後は不安がいっぱい・健康・お金・年金大丈夫?

<スポンサードリンク>
 

50代になると、老後の心配が出てきます。

 

老後は収入がなくなり、頼りにならない年金が

少し入ってくるだけ。

 

50代独身女性はそれでは満足する生活することができません。

 

不安のない生活を送るには60歳まで、いくらお金をためたら

いいか不安になりますよね。

 

独身女性でずっと厚生年金をかけてきた人はある程度

の年金がありますが、

国民年金の基礎年金しかない人は毎月6万ちょっとくらい

しかありません。

 

すると、老後が非常に不安な生活になります。

 

会社で厚生年金をかけてくれない場合は、自分で個人年金ほかで

準備しないととてもとても老後は生活できませんね。

 

50代独身女性は、体のあちこちが不調になり、先行きの健康状態は

保っていけるのだろうか、お金は大丈夫か。

 

今後、老後の年金はどうなるのだろうかなど、

心配事が非常に多くなります。

 

ある調査ではほとんどの人が老後に不安を感じていて、

老後に一番大事なものは経済面だと答える人が多数ありました。

 

まず、生活資金、そして、病気や介護などの健康面、家族関係、

地域との結びつきなどの様々な面での心配事が付きません。

50代独身女性の健康面での心配

 

50の女性の閉経後の体は確実に衰えてきます。

 

骨がもろくなり、更年期障害後もホットフラッシュの状態が続く、

骨粗鬆症で骨折しやすくなる、子供が巣立って生きがいをなくし、

うつになるなど若い時と違って体は思うように動かなくなります。

 

元気になれるようにある程度健康を保つようなことをしていたと

しても衰えが次第にきてしまいます。

 

先では介護を必要とすることもおきてきて健康面での心配が多々あります。

お金の心配

 

一番心配に思うことで多い悩みは金銭面の不安です。

 

70、80歳になり、介護が必要になると介護費用が必要になります。

 

昔のように家族に介護を頼むことができなくなってきたので、

金銭的にある程度余裕がないと心配が大きくなります。

 

もし、ある程度生活できるレベルだとしても不安は尽きませんよね。

伴侶もいない、子供もいない場合はお金に頼るしかないんです。

いざとなった時の友人も大事です。

 

でもお礼をしなくて身うちじゃない人がどこまでやってくれるか?

すべてはお金なんです。

定年になっても、次の職場を探して働こう!

50代女性がパートを転職するなら定年後も働ける職種を選ぼう!

年金のこと

 

年金は徐々に減ってきています。基礎年金だけでは生活が成り立ちません。

 

独身女性で、パート勤めだった人は厚生年金がなく貯金もない場合、

非常に苦しい生活になります。

 

社会保障が今は余裕がありますが、今の50代が75歳の後期高齢者

になる2040年ころは人口が減り、少子高齢化で社会が高齢者を

支える力がなくなってきます。

 

高齢者が増えてくるので、高齢者の社会保障費がますます高く

なる可能性があるので年金だけで生活はとてもできなくなります。

 

70代になっても仕事をする必要が出てきて、大変になります。

 

すると、苦しい生活を送る高齢者が増えてくる可能性があります。

<スポンサードリンク>

50代独身女性は60歳になるまで最低限いくらお金を貯めたら安心?

一般的に、10年前に比べて貯蓄高が減少傾向にありますね。

 

しかし、公的年金だけで生活ができるかというと女性の7割ほどが

生活できないと思っているんです。

 

では、公的年金以外にどのくらいのお金が必要でしょうか。

 

男女の平均でもらえる年金額

老齢基礎年金は、現在40年かけて5万4千円ほどですが、厚生年金は14万8千円くらいです。

男性

「166,863円」

女性

「102,708円」

国民年金の制度上の支給額

月額「64,941円」(40年間満額支払った場合)

平均値の国民年金支給額

平均は40年も払っていない人も多いため、「55,464円」

 

実際に生活するために必要なお金として15~20万円が必要

と言われています。

 

すると、60歳までに貯めたいお金として預貯金としてためている人

が半数を締めており、個人年金や退職金などを当てにしています。

 

老後はどんなことがあるかわかりませんよね。

まして50代と言う年齢を迎えた独身女性はお金を貯めるにも最終段階に入っています。

 

厚生年金をもらえる人が平均寿命の85歳まで生きたとしたら、

60歳から25年分の貯金がないと成り立ちません。

 

厚生年金の人だと毎月あと5万円あると安心です。

 

基礎年金しかない人では、あと10万円は毎月欲しいですね。

これからは最速で工夫をしてお金を貯めよう!

65歳までのお金の貯め方!2,500万の老後の蓄えはまだ間に合う?

それを考えると、25年分の貯金は、厚生年金の人で1,500万円、

国民年金の人で3,000万円が必要ということになります。

60代になった時の節約生活のシュミレーション

 

60代はまだ働いている人が多いので節約生活をおくるために、

毎月、節約してどのくらいで生活すれば、老後が安心して

暮らせるのでしょうか。

 

毎月5万円を節約した生活をしたいと思うと、16万円の給料が

あったとしたら、持ち家だとして11万円で生活をするには

毎月の生活費の見直しが必要です。

・水道・光熱費     1,5000円

電気代 5,000円、水道代5,000円、ガス代5,000円

・食費    月4万円

・通信費   月1万円

・被服費   月5千円

・日用品   月1万円

・駐車場代  月5千円

・娯楽費   月1万円

・交際費   月1万円

・その他   月5,000円

合計 11,0000円

女性一人なら、このくらいの予算で十分生活できるでしょう。

 

もし、持ち家でないなら、余分に賃貸料がかかります。

 

ローンがあるならローン代もかかります。

 

老後破産にならないために、60代から節約生活を

していきましょう。

まとめ

<スポンサードリンク>
50代独身女性が老後に安心して生活を送るためには、

60代までに国民年金の人で3,000万円、

厚生年金の人で1,500万円が必要な計算ですね!

 

私はこうやって貯金が出来ている!

50代投資信託で老後資金を貯めるには?私は24,500円放置で入金されている!

私の友人で別居中の人は将来のことを考え、60前ですが2500万円近く貯金が貯まったそうです。それならパートで働き、将来は自分の年金ももらってそこそこ遊べるだけのお金なんじゃないかと安心しきってますが。

 

これからの社会は、今までのような公的年金に頼ることが

出来なくなります。

 

そのため、50代の今から少しでも節約して

老後に備えておくと安心です

➡50代女性一人暮らしで老後貯金なしの場合はどうやって生活したら良いの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です