50代60代独身女性の老後、貯金がなくても今から間に合う生活の工夫

50代60代の一人暮らしをしているおひとり様は近い将来の老後がとても心配です。

不安を抱えていて就職口を探している女性も周りではいます。

 

今になって貯金がないことに気が付いた!

 

今までは何とかなったけど、60歳からは体力も気力もなければいつ仕事を切らされるかわからない不安もありますよね。

 

65歳前ならまだ間に合います、

十分貯金も出来ます。

50代60代の独身女性は老後に向けてまだ貯金が出来る年齢です

 

<スポンサードリンク>
50代60代でパートにするか、アルバイトにするか何時間働くかいろいろ選択はありますね。年金の問題もあります。

 

国民年金の場合は60歳の誕生日の一か月前までで払い込みは完了しても良いのです。

 

ちなみに70歳までも払っていいのです。

 

貯金をするか、国保を払うか私はいつどうなるかわからないので今のところ誕生月前で払い込みは完了する予定にします。

 

でも、厚生年金は会社が負担してくれますし、その分将来自分にかえってきます。

 

たくさん働いて、厚生年金も払ったほうが将来安心です。

 

週に30時間働けば会社で厚生年金払ってくれるとか、今年金問題も国会で微妙な話し合いなので詳しくは社会保険事務所に聞いてください。

 

でも、たくさん働いてたくさんのお給料をもらったほうが懐が潤うのは確かです。

生活の工夫

 

勤め先によっては、食事を提供してくれるところもあります。

私が今回、再就職をしたところは毎回食べたければ300円で食事をして帰って良いとのこと。

 

帰りにファミレスや大戸屋に行よりもずっと安上がりです。

栄養のバランスも考えてくれてるはずですしね。

私の仕事は早朝なので、家ではヨーグルトかバナナ1本でも食べていこうかと思ってます。

 

光熱費も浮きますし再就職により、かなり節約出来そうです。

何かと職員にお得な優遇な何かがある勤め先を探すのも手ですよ。

 

知り合いはパンを持ってかえって来たりしてます。

これ内緒だそうです。

 

60歳から65歳まで働いて、毎月20万円。

もしも運よく10年働いたら2400万円も!

 

その中で生活するわけだし、そこまでうまくいかないにしても500万円くらいはきっと貯金は楽勝に残りそうですね。

再就職をするなら売り手市場の今

再就職するには早いほうが良いです。

 

今までの仕事がもしも切られる恐れがあるのであれば、早めに探しておいたほうが賢明です。

 

今は2018年売り手市場です。

50代後半、60代シニアでも使ってくれる会社は探せばいくらでもあります。

 

内容を選ばなければの話にもなるのですが、最近はウェートレスやファーストフード店でもシニアの方の活躍が目立っています。

 

これが65歳過ぎるよりも60歳前半のほうがなお良いです。

 

もしも、特技や資格があるのでしたら時給も良いですよ。

 

保育士さんの資格を昔取ったままで使ってなくても、パートの時給はかなり良いです。

 

介護職も資格を持っているかいないかでだいぶ違いますので、稼ぎたい、貯金をしたいと思ったら今からでも資格を取ることは遅くありません。

 

今は昔と違って無料で資格も取れる制度があるのです。

 

良い時代ですね。

50代60代のシニアのパートアルバイトは近場が良い

 

<スポンサードリンク>
体力も気力も亡くなってくるシニア世代はなるべく、徒歩か、自転車又は車でそう遠くないところが良いですね。

 

電車に乗ってお勤めに行くのは、60代の前半までは勢いはありますが、さすがに65歳近くになるとしんどいと思います。

 

知り合いで、再就職が決まり東京まで通っている人がいます。

 

始発に乗って眠っていくため、かなり早く起きて家を出ています。

 

年金も少ないのでガンバて働いて貯金もしなくてはいけないし、何しろ今現在の生活が出来ないのでOL並みに仕事をすると言ってます。

 

60歳過ぎた彼女は体力はあるほうなので、65歳までは難なくやると思います。

 

ただ、家の近所に勤めた場合勤め先さえOKならば70歳まで働くことも出来るのです。

50代女性一人暮らしで老後貯金なしの場合はどうやって生活したら良いの?

家の近くなら、通勤の疲れはあまり感じずに仕事だけに集中できるのでシニア世代はなるべく再就職は、電車に乗らない、載っても一つ二つ、バスも乗っても数キロ地点。

 

出来れば歩きか自転車が理想ですね。

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です