50代独身女性平均の生活費と一か月の貯蓄は?

50代独身女性平均の生活費はどのくらいなのか、気になりますね。

これはもらっているお給料によりかなり差が出ます。

 

キャリア組と、派遣や転職組とでは年収が下手したら5倍くらい違います。

そうなると、生活費だけのみならず一か月の貯蓄の金額も違ってきます。

 

年収が低くても節約をして生活費を抑え、貯蓄をたくさんすることだってできます。

50代独身女性平均の生活費と一か月の貯蓄について、今回は紐解いてみましょう。

50代独身女性の平均生活費は?

50代独身女性の平均生活費は平均値なので、少ない人と多い人を割った数字なので当てにはできません。

普通に考えて、18~20万円くらいの収入だとするとその中で生活と貯蓄をすることになります。

50代で20万円以下の月給は少ないですよね?

 

転職組や、離婚で再就職組がいるとどうしてもいったん収入が下がるのです。50代独身の女性の生活費はその中に収め、貯蓄をします。

 

友人は額面18万円で家賃を払ったら貯蓄は残らないそうです。月によっては、貯蓄が出来る月もあるそうです。

理想は月々5~8万円は貯蓄をしたいと話しています。

もしかしたら、住居費が圧迫しているから貯金が出来ていないのかも!

↓↓↓

➡50代女性一人暮らしで老後貯金なしの場合はどうやって生活したら良いの?

貯金も難しいおひとり様はまずは家賃から見直しを!

10万円で生活できれば、一か月5~8万円の貯蓄も可能

 

孫が4人いる熟年離婚をした友人は、どうしても孫に一か月1万円はお金がかかってしまうと言います。

1万円位なら、しょうがないかと言ったところのようですが。

もしも10万円で生活できればその彼女は5万円は貯蓄が出来ます。それが難しいんですよね。孫がたくさんいるほど、お金はかかってしまいます。

 

でもそれもいきがいと、楽しみの一つです。

独身女性でありながら、孫がいる彼女の幸せな姿かなと思います。

50代女性の収入が多いイコール貯蓄が多いとは限らない

 

キャリア組の女性はその分生活も余裕があり、お金を使うことも多いですね。サラリーマン家庭もそうですが、高給取りのの家での現象でも同じことがきています。

 

良いものを買い、お金が入ってくる安心があるためあまり貯蓄もないことが多いのです。

中に入っかりと計画をしてお金を貯めている人もたくさんいます。

ですが、下流老人になるきっかけになった元エリート家庭もいるくらいお金の余裕が招く悲劇はあるのです。

今たくさんお給料をもらっていて、平均的な生活をしてしっかりと貯蓄をしたら老後はきっと安泰です。

50代独身女性の保険や年金は圧迫してない?

 

収入を圧迫するほどの保険や個人年金、財形貯蓄をかけ過ぎていませんか?

保険をかけていると安心ですが、無駄にかけているのはもったいないのです。

 

友人は保険屋さんに家に来てもらい、保険の断捨離をしてかなり保険料を浮かせました。

必要のないものに、かなりのお金を毎月払っていたんです。

必要のいらない保険を解約して、貯蓄型の新しい商品に入ったと言って喜んでました。

保険は、家を買うのと同じくらい一生を通じて高い買い物なんですよね。

 

毎月、または半年一年払いだからあまり気にしませんが、一生を考えるとかなり大金になります。

50代独身女性の貯蓄が出来る金額も保険料でだいぶ違ってきます。

 

早め早めに保険や個人年金の見直しをして将来の貯蓄に回しておきたいですよね。

➡みんなの生命保険アドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です