書く仕事で在宅で稼ぐにはどんな仕事があるのか、いくら稼げるの?

在宅で好きな時に収入を得ることが出来るのは、ありがたいですよね。

今私がまさしくブログを書いているのがこの方法です。

ブログ、アフリエイトというもの。

在宅で好きな時に出来るので、夜中だって朝早く目覚めた時にも書けるのがメリットです。

 

書く仕事で在宅で稼ぐことは男性だけではなく、女性もかなり収入を得ている人もいます。

そんな仕事はクラウドソーシングと言って、今すごくたくさんの人が在宅で収入を得ています。

 

一体、どんな仕事なのかいくら稼げるのか単価はいくらなのかということに触れてみようと思います。

在宅で書く仕事はどんな仕事があるの?

<スポンサードリンク>
私が今書いているのは、クラウドソーシングとは違いブログアフリエイトです。

 

ちょっと安定はしませんが、一獲千金を当てるような気持ちになる、そしてやればやっただけ帰ってくるのがブログやアフリエイトです。

 

その代わり間違えたやり方をすると書き損になります。

在宅で書く仕事その1、ブログとアフリエイト

 

私が書いているこのスタイルのブログはブログアフリエイト。

 

ですので、当たりはずれがあります。

 

書いてもゼロ円が続く時があるのです。

 

でも当たれば、1日数万円になるときもあります。

 

また、1日で書けていた時に今日の稼ぎを見てみると、ん~?

 

数百円かよ?

 

と言う時もあれば何もしてないのに1万円以上いていることも!

 

でも、このやり方は。誰かに教えてもらわないとできません。

 

教えてもらうには、塾、コンサルなどかなり投資をしないと出来ないのです。

 

投資をしたからと言って、投資した金額が回収できた人はいるかと言えばどうなのかといったところ。

 

それは、塾だとか、コンサルに入っていないと怖くてノウハウコレクターというものになってしまうと数百万円も投資してしまうんです。

 

今度こそうまくいくと思って塾に入ると、やはりうまくかない。

 

私の経験上、塾は難しいと思います。

多少金額が張っても個人コンサルのほうがやり取りがスムーズで丁寧に教えていただけます。

 

それよりも、普通に神経を使わず安心安全に健全に?

 

ならばクラウドソーシングでお題をもらって1記事いくらという契約のもと、在宅で記事を書くほうがおススメです。

 

私はそれを知ってたら最初からそっちをやってました。

1日に何記事書けるの?1記事平均いくらなの?

在宅で収入を得てる人では強者もいます。

今までで書いていただいた方で早い人は、1日30記事書いたことがあったと言ってました。

 

在宅で記事を書いてるバイトの青年ですが、多少の引きこもり。

軽く10万円を得てるでしょうね。

 

クライアントは私だけではなかったですから。

 

一体何時間の睡眠時間を削って記事を書いていたんだろうと思ってました。

 

その時の記事数は1,000文字です。

 

1000文字なら30分で書けると言ってました。

 

1時間で2記事です。

 

10時間で20記事。

30記事だから、15時間ですね。

だいたい平均で、1記事300円~500円以上です。

 

スキルの高い人で1文字3円以上です。

1記事1,000文字3,000円いただけるということですね。

 

前にコンサルしていただいた方に添削してもらったら、コンテンツはとても良いので1記事2500円は出すレベルだと思いますと言われ、喜んだ記憶があります。

 

そう思うと、アフリやるよりもクラウドソーシングやっている方が稼げるかもしれないと思います。

 

しかしながら、私はとても1記事1000文字30分じゃ書けません。

 

内容の薄い記事はだめです。

 

私は1500文字以上だったり、質が良い場合はもっとたくさんの金額を出してました。

 

そうなると、月の報酬も10万円以上在宅で書く仕事の収入があるという計算になります。

クラウドソーシングの仕事は早くやればやっただけ良いと思います。

 

今は、書き手が不足していて単価も上がっているそうですよ。

在宅で書く仕事で確実にお金をもらう方法は?

<スポンサードリンク>
 

ブログやアフリエイトはある程度、野心家や、どうしても寝なくてもでも頑張ってお金が欲しい!

という人にはお勧めするものです。

 

でも、書いてもお金が発生するという確実性はないのです。

 

私は友人に、「博打みたいな仕事をしているよ」

 

と、半分話しています。

 

私は今まで、医療系のブログで圏外に飛ばされましたし、アドセンスも最近はびっくりするくらい下がっています。

 

アップデートがどんどん変化していっているだの、グーグルさんの広告費の問題だの、噂はわかりません。

 

でも、確実に在宅で書く仕事で収入を増やすなら、クラウドソーシングで1文字いくらと言う契約をしたほうが安心です。

 

最近は60代、70代、80代でもクラウドソーシングに登録をして記事を書いています。

取ってもおススメできる良い内職です。

 

クライアントさんから、キーワードを渡されますので、それに従って書けばよいだけですのでそこまで難しくありません。

 

最初は単価が安くても、徐々に単価をあげてくれるクライアントさんも増えているようですよ。

 

私も記事を書いていただいたときに徐々に単価をあげていきましたから。

➡お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

シニアでも記事を書くだけで5万、10万円を稼ぐことが出来るなんてすごいですよね!

↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です